あのにますトライバル

旧さよならドルバッキー。

増田アワード

本当にこりゃまた失礼な2019上半期増田アワード50選 不安になる1user編

お待たせしました、恒例の「不安になる1user編」です。では前置きは特になく始めていきましょう。 選出のポイント ・2018年12月21日~2019年6月30日までに「不安になる」タグがあり、選者しかブクマがついていないもの(1user)を選出。 ・消えてない(今回…

本当にこりゃまた失礼な2019年上半期増田アワード 不安になる編 (with姪増田まとめ)

まだまだ梅雨空の季節ですが今年の夏も「不安になる」で乗り切りましょう。 「不安になる」とは 匿名掲示板だろうが何だろうが大体文章を書くときは何か言いたいことがあるので書くものです。それなのに文章の要旨が掴めないということがあります。(中略)…

こりゃまた失礼な2019上半期増田アワード20選

やってきました増田アワードのお時間です。今回も「特に基準とかないけど個人的に好きで後で振り返りたい増田」をお送りします。 では早速見ていきましょう。 今でもあなたはわたしの光賞 anond.hatelabo.jp 評)あの時にああしていれば、と思ってもどうにも…

ネタ増田で100user超えたもの10選

令和一発目も増田記事です。今時代もよろしくお願いします。 さて「ネタ増田で100ブクマ行きたい」という増田があったので実際に100user超えたネタ増田はどのようなものか探してみました。 anond.hatelabo.jp 選出方法 ・2019年に投稿されて選者がブクマして…

2018年のよい増田44選

年が明けましたごきげんよう。今年は月に2回くらいはなんかしら更新できるように頑張ろうと思います。できれば箇条書き日記でなくまとまった内容の記事が書きたいです。果たして今月はもうひとつ記事をかけるのかしら。 そんなわけで今回は「増田の注目され…

まったくとんだお笑いの2018年下半期の増田アワード50選「不安になる1user編」

今年も押し迫ってきました。ここで「不安になる」の中から1userのもの、つまり他に誰もブクマしていないホッテントリからこぼれた増田の供養をしていきましょう。純度の高い「不安になる」をお楽しみください。 nogreenplace.hateblo.jp 選出のポイント ・2…

まったくとんだお笑いの2018年下半期の増田アワード25選「不安になる編」

どんなに頑張っても年の瀬はやってくるし、「不安になる」のまとめもやってくる次第であります。下半期まとめでも不安になってください。 「不安になる」についてと上半期のまとめ nogreenplace.hateblo.jp 選出のポイント ・2018年7月1日~2018年12月20日ま…

とんだお笑いの2018年下半期の増田アワード20選

さて第九があちこちで聞こえてくる季節になりました。ここいらで下半期の増田アワード20選をお届けします。上半期編は下のリンクからどうぞ。 nogreenplace.hateblo.jp 選考基準は上半期編と同じく特にこれと言ったものはありません。強いて言うならば後でこ…

まったく誰も得をしない2018年上半期の増田アワード50選「不安になる1user編」

ここから先は「増田」「不安になる」タグをつけて1userだったもの、つまり他に誰もブクマしていないホッテントリからこぼれた増田の供養場です。前回の「不安になる編」よりも純度の高い「不安になる」があります。消えてない奴だけで100以上あったので厳選…

まったく誰も得をしない2018年上半期の増田アワード25選「不安になる編」

列島各地熱湯列島と化していますが、ここいらで今年上半期の「不安になる」増田でも振り返って何とも言えない気持ちになりませんか? 「不安になる」とは 匿名掲示板だろうが何だろうが大体文章を書くときは何か言いたいことがあるので書くものです。それな…

誰も得をしない2018年上半期の増田アワード15選

今年の「2018増田」なのですが、紹介するのにちょうどいい時期と本数と言うことで上半期編をまとめました。年間大賞は下半期編で考えます。なお期間は2018年1月1日~6月30日に目を通したはてな匿名ダイアリーの中から選んでいます。 選考基準は特にこれと…

まったく輝かない2017年の増田アワード「不安になる編」

やると言ったのでやろうと思う「不安になる」の2017年のまとめです。タイトルの通り「不安になる」増田の記事ばかり取り上げるので有益な情報を得たい方はこの先非常に長いのでギガを消費するだけなのでお帰りください。また、比較的まっとうな増田選は以下…

輝かない2017年の増田アワード14選

今年も押し迫って来たので増田ウォッチの振り返りなどをしたいと思います。余所のランキングなどを見ると「自走式彼女」などの増田文学がよく上がっているのでここではそういうんじゃない「これぞ増田」的なのを紹介していきます。今回の選考基準は「2017増…