あのにますトライバル

ぶっちゃけ増田とかのことしかもう書いていない。

ドラえもんの気になるひみつ道具についてのメモ

昨年のこの記事から「わさドラに関する恨み言」を言語化しようとしてきたけど、これがなかなか難しい。

 

nogreenplace.hateblo.jp


すごく拗れた一ドラえもんファン(ここ大事)として誰からも共感を得られないような文章を書こうとして、だけど漫然とし過ぎてて自分で読んでも気持ち悪い何かで書いたり消したりをしていて1年経ってしまった。出来れば宇宙小戦争の公開くらいには完成させたいと思っている。宇宙小戦争?パピかわいくなくね?


さて、そんな拗れたファンとして「どんなドラえもんの道具が好きか」をテーマにちょっと語っていこうと思う。話の面白さも入れるとややこしくなるので純粋に道具の話だけしていきます。

 

中身ごと伸び縮みカップ

これあれば食料問題とエネルギー問題解決じゃね?と思う。コップ1杯の質量が庭いっぱいくらいになる。期限とかなければ逆にコップを広げて中に物を入れてから縮めれば収納にもなりそう。庭いっぱいの荷物をコップ1杯にできるならよさそう。スモールライトやガリバートンネル的なものより用途が限定されてるのがいい。あと未来の家は小型化しててワンシーズンが灯油がスプーン1杯で済むような小さな家に小さくなって住むんだそうだ。難点があるとすれば、ゴキブリやネズミが原寸大で出てくるみたいだけど、しっかり管理が出来ていればありかもしれない。


時門

時間がゆっくり流れるようになる道具。とても使いたい。この道具は全世界を巻き込むという点で「未来の世界はどうしてるんだ!?」と思う。何か公的に必要な時に「何時から何時まで時門を使用します。各自時門時間は~」みたいなアナウンスがあるんだろうか。そうすれば宇宙ターザンみたいな悲劇は防げる。しかし面倒くさい。でも欲しい。

 

ドライライト

太陽光を固めた塊。エネルギー問題を解決する道具その2。本編ではドラえもんの浅ましさに加えて「どら焼きの刺身」というパワーワード(アニメ版だけかな)がものすごく好きなのだけど、それを差し引いてもドライライト欲しい。光熱費めっちゃ浮くじゃん。欲しい。


アニメ箱

漫画を入れるとアニメ化してくれる箱。作画とか声優はどうするんだろう。漫画を書く道具の時は作者を指定するとコンピュータが自動でそれっぽい作品を書いてくれるというAI美空ひばりみたいな自体になっていたけど、これはどうなんだろう。「京アニ風で」「TRIGGERっぽく」とか出来るんだろうか。ハルヒの原作を庵野監督がやるとかそんなこともできるんだろうか。やべえな。なおこのアニメ箱の回で伝説の「悪いなのび太、このビデオは3人用なんだ」が出てくることでも有名である。


タイムライト

「時の流れを可視化する」という、要は「時間は待ってくれないんだぞ、無駄な時間を過ごすな!」とのび太に言うためだけに登場した道具。一体誰が何のために開発したのかと思うと「さすと雨が降る傘」より存在意義が謎過ぎて好き。


コジツケール

こじつけるための道具。サイラン液で酒を増やす回で鮭と酒を間違えたドラえもんが酒瓶にサイラン液とコジツケールを垂らして酒瓶に採卵を促すという超展開。どんな場面で使うのか検討もつかない道具。多分作ったのは小林製薬

 

自動コジ機

現物は出てくる漫画にお目にかかったことはないけど、ひみつ道具大百科か何かで見て忘れられない道具。敷物のボタンを押すとスピーカーと缶が出てきて「右や左の旦那様~」とアナウンスされる。アウトなシロモノなのは間違いないけど、未来の世界でこの道具がどう使われているのか気になる。ちなみにキャッシュレス化が進んだ中国では空き缶でなくQRコードを展示している人がいるという話を聞いて、近未来やべえなと思ったのはここだけの話。

 

今回はこのくらいにしておいてやる。気が向いたら続編もやるよ。あとは好きなひみつ道具の話でもしておいてくれ。メジャーマイナーは問わない。しかしマイナーな道具を出して「俺の方が詳しいんだぞ」みたいな奴はこの手で皮を剥いでいく所存である。よく考えるとダッピ灯もかなりひどい道具である。じゃあなのび太。来ないとただじゃおかねえぞ。