あのにますトライバル

旧さよならドルバッキー。

今更逆転裁判4プレイ記録 前編

最近生活に彩がないので今から逆転裁判4を始めることにした。このタイトルでいろいろ察する人はわかると思うけど、何が起こるかわからないので心持ちを記録していきたい。

 

逆転裁判4 - 3DS

逆転裁判4 - 3DS

 

 

なお、このプレイ記録には「逆転裁判4」及び「逆転裁判シリーズ」のネタバレが多大に含まれるので好きな人だけ読んでくれというスタンスです。


【前置き】

大前提として、自分は逆転裁判シリーズが大好きだ。しかし、それは「1~3」に限った話で、今回プレイする「逆転裁判4」が出た当時、「1~3のファンはプレイするな」という評判を真に受けてプレイを避けてきた。


しかし、あれから12年が経った。逆転裁判シリーズも「王泥喜編」が完結しているらしいし、みっちゃんのスピンオフが出ているし、なんかよくわからん時系列の作品とかコラボとかめっちゃしている。今なら、この作品の闇と向かい合えるんじゃないか。そんな気がする。君の闇を見せてくれ。


ちなみに推しエピソードは2-3、推しキャラはミサイルとイトノコ刑事、推しBGMはゼニトラのテーマです。逆転のレシピの曲はどれも大好き。


逆転裁判4」の前情報は極力仕入れてなかったので「主人公が王泥喜法介」「なんかすげぇ評判悪い」ということしか知らないし、覚えてません。


【1話 逆転の切札】

ついにスイッチを入れてしまった。12年の封印をとく時が来たのだ。今から12年分の闇と向かい合う。さあ来い王泥喜法介


逆転裁判名物、エピソード前の洒落たショートムービー。なんだこの洒落た感じは。そんで恒例の「そうだ、アイツに……」「そんな、僕じゃない!」的なのがない。オサレだけど、「これは逆転裁判なのか……?」という不安が過ぎる。不安になるには早すぎる。


場面変わって恒例の裁判所控え室。おそらく千尋ポジ的な先生が既に裏ボス感出てる。顔に「ポンポン」って書いてあるぞ。チョーさんと釣りに行きそうだな。それよりもサイバンチョの絵が気になってしょうがない。毎回サイバンチョに目が行ってしまう。


そんで被告人、え、なるほどくん ?


なるほどくん、7年の間に何があったの!!!!!


弁護士廃業!?はい!!???


既にこの時点で闇。前作の主人公がいきなりダーティになって登場とか心の準備が一切出来てない。お前みっちゃんにちゃんと相談したのか? みっちゃんは「弁護士成歩堂龍一は死んだ」とかやってんの???助けて冥ちゃん。


それよりもなるほどくんもよく被告人になる人だよなあ。ちいちゃんにやられたのと小中大にやられたので少なくとも2回被告人になってるよね。小学生も含めたら3回。真宵ちゃんを笑えない。なるほどくんの小学生エピが好きなのであの「有罪」攻撃で泣いてた少年がここまでふてぶてしくなるなんて……なんていうことだ。


そんな衝撃を受けながら事件の説明。ロシア料理店「ボルハチ」でポーカーのゲーム中に被告人が被害者を瓶でぶん殴って殺害。


ボルハチwwwwww


やっぱり「逆転裁判」はこうでなくちゃ。この考えてるようでなんにも考えてない系の名前大好き。これ系は星威岳哀牙が最強すぎてなかなか超えられない。


しかし、思ったよりダークな話。なんていうか、王泥喜くんに余裕が一切ないので面白い茶々が一切入らないで淡々と進んでいく。「ボルハチ」以外笑える要素がない。1~3では証人の名前などで結構笑わせてもらったんだけど。そういえば担当刑事の説明がないな。この法廷の癒しのイトノコさん……。


真面目に裁判しているうちに証人登場。従来ならこいつが真犯人。ていうか、またアクの強いキャラ来たな!! 逆居雅香、常にボルシチとカメラを片手にしている謎な奴。法廷にカメラ持ち込んでいいのか!!???


多分こいつが真犯人なんだろうなと思いながら証言を順調に崩していく。そのうちなるほどくんが意味ありげなこと言い出す。つーかこのなるほどくん、本当になるほどくんなのか? チャーリィくんに水あげてたなるほどくんなのか? またゼニトラが化けてるんじゃないのか……?


法廷が再開され、何故か王泥喜くんにオカルト能力が付与され、なんか活躍。なんだまたオカルトか。霊媒じゃなくて今度は超能力か。霊媒自体結構好きなシステムだったから今回もそんなに驚きはしないけど「またか」感が強い。


そんで証言崩して言ったら、「真犯人は千尋ポジ先生」という衝撃の事態に。ちょ待てよ、確かに先生の顔からポンポン臭がするって言ってたけどさ、大ボス的な意味でさぁ、そんな序盤に散るなんてひとつも思ってなかったの! もしかしてちいちゃんポジですか? この後先生霊媒されて登場とかワンチャンありですか???


そんで証言崩していくんだけど、半分くらいなるほどくんのおかげ。というか、なるほどくんが解説してくれて強引に進めていくだけ。逆転してる感じが全然しない……チュートリアルだと思って我慢しよう。


つーか1話からこんなダークな展開でいいのか。笑えるところがボルハチとアウチ検事の髪型だけだぞ。スタッフ毎回アウチ検事で遊んでるよな。


そんなんで先生が緊急逮捕されてなるほどくんは無罪。ちゃんちゃん……いいや納得できねえし! 証拠もアレだし、ムスメとか意味わかんねえし! 成歩堂龍一、あれお前の娘じゃないだろ、7年前の事件でなんか預かることになった的な奴だろ! あのなるほどくんにこんな娘がいるとは思えない! きっとこれは伏線だ、伏線なんだろう……。


耐えきれずネタバレしない程度に調べたら「最終話が最悪」と出てきた。ええええええ、第1話から結構闇を感じてしまったんだけど。大丈夫なん? これ大丈夫なん? 大丈夫、大丈夫???


次は王泥喜くんの探偵パートかぁ。パッケージ的に真宵ポジはなるほどくんのムスメ(仮)だよなあ。ううう……。


【第2話 逆転連鎖の街角】

早速2話もオサレムービーからスタート。ラーメンの屋台? 全然話が掴めない……。


訳もわからぬまま変わり果てた元綾里法律相談事務所へ行くと、なるほどくんが病院にいるということで引田クリニックへ。引田! おまえ堀田じゃないのか! 前作ファンのサービスだなこれは。なるほどくんが軽傷なのも、吾童川に落っこちて風邪こじらせるで済んだ人っていうところなのか。


引田クリニックから事務所に戻ってまたなんか癖のあるオッサンに絡まれてひき逃げ、屋台の盗難、パンツ泥棒の事件を一気に捜査することに。いやー、話が全く見えてこない。王泥喜くんじゃないけど、大丈夫なのかコレ。もう家に帰りたい。


話を進めると、やっとパンチの聞いた設定の御屋敷が。小梅さんのモーションに気合い入ってて笑った。キタキツネ一家にも笑った。ゴクドー怖い。


ラーメンの屋台探しに行くと、胡散臭い佇まいの家が。これこれ、逆転裁判に望まれているのはこういう感じの奴だよ、とか言いながら話したり調べたり。あのハーモニカ、すごく好きだから法廷で吹いてほしいな。先代の屋台になるほどくんがよく来てたのは、ファンならすぐピンとくる話。病室のトノサマンも誰のものかはだいたいピンと来る。あの子は元気かなぁ。

 

うろうろしていると茜登場。茜、大きくなったなあ!! でも王泥喜くんとは面識ないので今は何も話せず。


いろいろ歩いたけど、話が見えてこない。多分ひき逃げと屋台とパンツは繋がっているというのがこの話の本題なんだろうけど、いろいろとっちらかっていてどこに焦点を当てたらいいのかわからない。殺人事件が起きているというから、そっちパートになったらわかるのかもしれない。


ガレージでパンツを見つけたりしているうちにやっと殺人事件の依頼を受けて、現場に入ることに成功する。茜ちゃんに白いコナを渡して科学捜査をさせてもらうことに。科学捜査と言えば、「うごめくタイホくん」のトラウマが……。そういえば茜ちゃん、担当刑事って言ってたけどイトノコポジなのか? 検事はあのチャラいにーちゃんだもんな……あの先生の弟、だっけ。闇深いよ闇。


そんで今回の被告人が最高! 「北木滝太(きたきたきた)」このネーミングが超好き。見た目とキャラもなかなかいい。依頼人の「並奈美波(なみなみなみ)」もいいなぁ。でもこの依頼人のねーちゃん、なんか怪しいよなぁ。再会、そして逆転のアノ感じね。ちょうど第2話だし。


やっと裁判始まったと思ったら、またトンデモ検事だ。でも鞭とかコーヒーよりマシじゃねと思ってしまうのはいろいろ感覚が麻痺しているのだろうか。コーヒーより深い闇がこの作品に横たわっている。


そんで目撃証人、めちゃくちゃ怪しい。みぬきちゃんが見たことあるって言ってたから、お前がパンツ泥棒だな。多分そうだろう。そんで真犯人は美波さん。逆転裁判だからきっとそういうキャラ配置だ。オバチャンとかトミーとか豆じいさんみたいな「一件不誠実だけど目撃情報に嘘はない」的な奴。


新登場の「みぬく」がよくわからなくて何度かやり直ししたけど、案の定パンツくんだった。諸平野とオバチャンを足して2で割ったような、そんな感じ。


やって来ました2日目の探偵パート。何となくやるべきことはわかってきたのでいろいろ証拠品を集めて行く。多分滝太の医療ミスの関係で美波がいろいろやってて、そんで宇狩医師を殺したってとこだろうな。そもそも滝太と結婚したがっているのもすんごく怪しい。小梅さんじゃないけど、絶対裏がある。これはちいちゃんから教わったこと。


そして、相変わらずなるほどくんと話していると暗くなるったら暗くなる。このゲームに横たわる大きな闇が見える。あの冷や汗ダラダラのなるほどくんを返して。


なんて言うか、このなるほどくんの変わり様にちょっとついていけてない。まどマギで言うなら次回作品でほむほむがガングロギャルになってるくらいの変わり様だから。それが「公式です」と言われていることの悲劇だよ。


さて、やっと美波との一騎打ちだ。とにかく「みぬく」が難しい。やっと「みぬく」の操作がわかったけど、これ難しくない? また「みぬく」やるのだるいなぁ……。


無事に事件は解決したけど、滝太の手術が成功しないと心配で心配でしょうがないよ……滝太、生きてくれ!!! つーか滝太、お前皆から助けられてんだから少しは感謝しろ!


【後編に続く】

これ投稿した時点でとりあえず4はクリアしています。続けて5、6とやる予定ではあります。4全体の評価は………まぁ後編で。

 

「なつぞら」とアンチハッシュタグについて

※この記事は途中まで「なつぞら」を一切見ていない人にもわかる内容になっています。


朝ドラ「なつぞら」が佳境に入っている。いろいろあって広瀬すず演じるヒロインなつが「アルプスの少女ハイジ」に相当するような作品を手がける過程が描かれてるんだけど、とにかくすごい。


Twitterハッシュタグで見られるアンチの勢いがすごい。


広瀬すずの演技が下手」「私ならそんなことしない」「チャラチャラした服着て」「天陽の奥さんの演技がすごすぎて広瀬すずの下手が目立つ」「全体的にアニメーターとしての覚悟が見えない」「ヒロインだからって甘やかされすぎ」「母親失格」などなど……。


なんでこんな怖いコメントが湧くのか。そんなことを考えながら「なつぞら」のモヤモヤを振り返ろうと思う。

 

まぁどんなものか見てください

togetter.com

togetter.com

togetter.com

togetter.com

togetter.com

 

アンチタグについての考察

内容に入る前にアンチタグの話をする。この項目は「なつぞら」の内容に触れず、何故こんなことになっているのかを考えていく。


朝ドラアンチタグは「半分、青い」のときも見受けられたけど、何故か今作はとにかくヒロイン広瀬すずに対する暴言が見受けられる。「半分、青い」のときは永野芽郁という役者ではなく鈴愛というヒロイン像(その奥にある脚本家)に対してのヘイトが中心だったのと対照的だと感じる。


また、現代を生きる自分と昭和のヒロインを混同して謎の愚痴を展開しているコメントもいくらか見受けられる。例えば「なつ様はみんなに助けてもらって自分では何もしてないくせに自分の手柄のように見せて不快」なんていうツイートが見受けられたけど、放送を見れば恣意的な見方であると断言できるくらい歪んだものもある。


そんなわけで「批判ではなく暴言は嫌だなぁ」と苦言を呈する人もいるわけなのだが、アンチタグを使用している人は自覚なく暴言を吐き続ける。


なんでこんなことになるのかと言えば、ハッシュタグのせいだろうと考える。「2ちゃん(現5ちゃん)」には「アンチスレ」というものがある。人気のあるものに対して不快感を持つものが集まり、愚痴を言い合うスレッドだ。アンチタグとの違いは、アンチスレは「アンチであることを自覚して」「隔離された場所で」愚痴を言うことでアンチの意見が拡散されないようになっているが、Twitterハッシュタグは別だ。


ハッシュタグでアンチの意見が増えると、「この作品には悪口を言っていいんだ」という雰囲気が生まれる。そして上手な難癖を付けるとRTやいいねされることでどれだけ過激な悪口を言えるかという雰囲気が出来てしまう。現在の「なつぞら」のアンチハッシュタグは作品批判というよりただの難癖、悪口、広瀬すずに対する誹謗中傷が見受けられるのも致し方ない。それがどれだけ恐ろしいことかをアンチタグ使用者は自覚しない。


こう書くと「思ったことを発言しちゃいけないんですか!?言論弾圧ですか!!」って怒る人がいるけど、まぁ話は最後まで聞いて欲しい。思ったことを思ったように言うことは大切だ。だけど太ってる人に面と向かって「デブ」とは言わないし、「あの人あなたのことデブって言ってたよ」と本人に伝える人もおかしい。そしてTwitterハッシュタグでの発言は確実に後者そのものだ。「みんな悪口言ってるから私も言っていいでしょ」という感じになっている。これは非常に良くない。「なつぞら」の悪口を言いたいならハッシュタグを付けないで呟くということも十分にできる。たまに公式のハッシュタグと併記してアンチタグを付ける人がいるけれど、作品を楽しんでいる人に悪口を見せて何が楽しいのかわからない。


アンチタグで呟かれる内容を見ていると、多分批判と悪口の区別がついていない人も多いのではないかと思う。「目が死んでいる」とか「コネでヒロインもらったのか、NHKも質が下がった」とか「どうせ現場でちやほやされて自分の実力もわからなくなった」とか、なんかそういうのが辛い。これらは作品批判というより、個人的な恨みつらみとカウントしたほうがよいと考える。また「作品にダメだしすることでNHKの鼻を折ってやる(と言いつつ建設的な批判は一切ない)」という意気込みのものも見受けられる。


彼らの言い分もわからないでもないところもある。しかし、ネットに個人的な悪口を書いてそれが賞賛されるようなことは基本的によくないと思う。そんなことを曖昧にしてしまうのが「アンチタグ」だと思う。


少なくとも「アンチタグ」を使用して集団で広瀬すずを叩いている人達はネットいじめをしている自覚を持って欲しいし、同じ顔で「いじめはいじめる方が悪い!」とか言って欲しくない。炎上というのは意地の悪い人間が示し合わせて行うものではなく、悪意に無自覚な大勢の悪意が結集するのが「炎上」なんだということももっと多くの人に知ってもらいたい。この話題終わり。

 

 


以下、「なつぞら」本編のモヤモヤを自分なりに整理しました。個人的には「脚本が荒いところもあるけど、とりあえず見れるドラマ」ということになっています。その荒い部分や批判が多い部分を取り上げていきます。


なつぞら」見てない人のために簡単なあらすじ

戦災孤児の奥原なつは父の戦友に連れられて十勝で育つ。酪農や十勝の自然や幼なじみの山田天陽に惹かれるが、アニメーターになるという夢を選び上京。東京で生き別れの兄と再開し様々な人と出会って何とかアニメ制作会社に就職する。そこで出会った坂場一久と結婚して娘を授かるが、責任ある立場にいたなつは仕事を休めない。元同僚に娘を預かってもらうことで仕事を続けるが、娘のために仕事を辞めることも考えていた。そんなとき、山田天陽が亡くなったという知らせを受ける。娘と十勝に帰ったなつは彼の死を悼む。

 

なつの母親業について

これは脚本がよくなかったと思う。具体的には、あまりにも「現代の問題を描こう」としすぎて不自然な描写が増えてしまったところだ。「困った働く母親」を描こうとして、「おれのかんがえるさいきょうのこまったははおや」になってしまった。


全体的に、なんつーか、話が出来すぎている。困ったイベントが来ているというより、困らせるためにイベントを起こしているという印象。それもこれもおそらく「保育園落ちた」がやりたかっただけじゃないのだろうか。


乳幼児の保育園問題と言えば思い出すのは「べっぴんさん」なんだけど、あれは赤ん坊の時期は会社勤めしてなかったからなぁ……龍ちゃん問題のあたりのべっぴんさんは本当にすごかった(だから子供たちが大人になってからの失速が本当に残念)。育てにくい子を抱えて孤立する母親の姿と子供を受容する周囲の姿がすごくよかった。現代も続く問題だけど、当時から悩みはあったのだろうと感じさせる説得力があった。


翻って「なつぞら」の子育て問題。どうにもゴールを先に設置してしまったから途中のイベントが消化不良になってしまった。というより、「現代も同じだね!ね!」が鼻につきすぎてキツかった。批判の中にも「昭和の話なのに女性の立場が現代的すぎて辛い」というものがある。


何故こんな脚本になってしまったのかというと、おそらく「朝ドラ」メイン層のご機嫌をとるつもりだったんだろうと思う。おそらく深い意味はなく「子供の預け先がなくて途方にくれる女」を描きたかっただけなんだろう。でもそれでは物語が進まないのでご都合的に茜ちゃんが出てきた、というわけ。ただその「ご機嫌取り」が全面に出てしまった結果、あざとすぎて批判を浴びているのだと思う。


ここから先は「なつぞら」関係なく、育児をする母親をフィクションで描写することは大変困難になることが予想される。完璧な母親像を目指せば「現実はこうじゃない!理想を押し付けるな!」となるし、かと言って雑な母親像にすると「ちゃんと子育てしろ!虐待!」と言われるし、無難な母親にしても「母親の影が薄い!」と怒られる。もう何をやっても怒られるんじゃないかと思う。

 

余談だけど、アンチコメントの中に「避妊をしなかったくせに子供が出来てから預け先がないと騒ぐのは滑稽」というのがあったのには驚いた。典型的な朝ドラを見ている層の発想ではない。確かに臨月に入ってから保育所探すとか赤ちゃん用品揃えるとかのんびりしているなぁと思ったけど、現実の女性にこれを言ったら確実に炎上するよね。


あと「指差し動画」や「ガソリン」の件はそんなに怒らないほうがいいと思う。そうやって怒れば怒るほど、京アニを破壊した憎悪と同質の憎悪が生まれる土壌になるから。そこは今怒るところじゃないと思う。

 

なつと天陽の関係について

なつと天陽は幼なじみで、天陽からすれば十勝で農業をしたいと思ったのはなつがいたからで、なつがアニメーターを目指す決心をしたのは天陽が背中を押したから。お互いに結婚しても心の中では「絵」を通して繋がっていた。天陽が描いた雪月の包装紙の女の子は自分の十勝の「原風景」であり、なつの絵を消した上に自分の自画像を描いたのはなつへの未練を断ち切るためと個人的に解釈した。天陽のなつへの思いは「恋慕」ではなく「憧憬」に近いものがある。


だから「なつと天陽は不誠実だ」という批判がよくわからない。ええ、結婚したら青春時代の初恋の思い出とかそういうの全部捨てないといけないの……? 昔の好きな人のことを1秒でも考えてはいけないの……? 結婚したら異性のクリエイターとして尊敬しちゃいけないの……? 結婚したら過去のことは全て捨てなくちゃいけないとか、そういう価値観こそ現代では炎上すると思うんだけどな。現在も続く不倫関係ではなく青春時代の思い出すら否定していいんだろうか。


勝手に天陽の奥さんに感情移入して「昔の女が亭主の絵と勝手に会話してた! ムカつく!」とコメントしていたり、なつ憎さに奥さんの演技を過剰評価して「だからなつは下手!」と言っていたり、それは返って奥さん役の人にとってもとっても失礼だと思うんだけど、なぁ……。


史実との整合性

いくつかツイート読んでて1番ビビったのは「天陽君が死んだのはなつの都合に合わせてで、なつのために死んだ天陽かわいそう」というもの。元々山田天陽のモデルの神田日勝は夭折していて、絶筆になった半身の馬の絵は有名。それに神田日勝の自画像も有名で、「気持ち悪い」と評判の自画像対話も「元ネタはあの自画像だな」と思えばそんなに気になるものでもない。


これは「まんぷく」や「いだてん」でも話題になるけど、実在の人物をモデルにしたドラマを作るとどうしても「史実をどう折り込むか」が課題となる。しかしきっちり史実を盛り込むと物語が進まなくなるし、放映できないものにもなってしまう。「なつぞら」で言えば史実の奥山玲子はできちゃった結婚で、「なつぞら」で言えば夕見子のように理詰めで労働争議を起こすような人物だったらしい。そんな物語だったらまた変なアンチが湧くこと間違いない。

 

ダラダラ書くと長くなるから今回は書かないけど、「なつぞら」の最大の敗因はこの史実や視聴者の想像力に委ねる部分の多いシーンが多いことだと思う。一言で言えば、かなりハイコンテクストな作りになっている。だから反感を買うのだろう。


あとなつが毎回服装を変えていたのも史実らしいです。そこで史実を取り入れてしまったのもアンチが湧く隙を作ってしまったなぁと思う。女性はオシャレな同性にめちゃくちゃ厳しい。「自由にオシャレを楽しもう!」という人は迫害される。怖いねえ。

 

朝ドラの方向性

ここまで見てくると、もう「朝ドラ」という形のドラマ自体に無理があるのではないかと思う。主婦がながら見できるドラマ、というコンセプトだった気がするけど最近はやたらと「女性が見るから女性問題に寄り添ってみよう」という気持ちばかり感じてしまって肝心の中身がついて行かないものが多い気がする。


個人的に「まんぷく」に目立ったアンチがつかなかったのは安藤サクラの隙のない演技と朝ドラ層に絶大な人気を誇る長谷川博己がずっと出ていたからだと思う。「半分、青い」では佐藤健が途中途切れるところはあっても基本的に画面に映っていた。しかし「なつぞら」は頼みの吉沢亮は十勝編にしか出てこない。岡田将生はクズ演技が上手すぎて朝ドラ民の心には残らなかったらしい。結局広瀬すずが集中砲火を浴びることになってしまったのではないだろうか。


ここまで来ると、既存の形でヒロインを据えた「朝ドラ」は1度解体してもいいんじゃないかと思う。幸いなことに次の次の朝ドラは主人公が男性と内定しているし、もうヒロインにこだわることはないと思う。というか、朝ドラの価値観において「ヒロイン」という言葉には「周囲がなんとかしてくれる甘えん坊」というニュアンスが込められている気がする。広瀬すず永野芽郁もそういう意味では正統派な「ヒロイン」だと思うけど、どうだろう。


余談だけど、アンチでもこれだけドラマの反応があるだけマシかもしれないと思う。民放のドラマのハッシュタグとかもっとすごい。下手したら「〇〇くんかっこいい」だけで誰も物語の感想を呟いていないドラマだってある。「健康で文化的な最低限度の生活」のハッシュタグ、物語の内容じゃなくて8割くらい「田中圭が出てた!」だったからね。ちょっとビビったね。あとアルコール依存性の回で「酒止められないクズは放っておけばいいのに」ってドラマの趣旨全否定しているツイートがあったのにもびっくりした。そういうのが可視化されるのがTwitterなんだと思う。Twitter怖い。


いろいろ書いたけど、「なつぞら」をとりあえず「現代の働く女性へのエール」だとするなら、それに対する酷評は完全に女性全体の立場を下げる行為だと思う。身の回りの人に助けてもらっているお母さんもたくさんいるだろうに、そういう人にも「なんでもやってもらってズルい!」と言うのだろうか。それっていつもTwitterでやってる学級会の内容と何が違うのかな? と思う。とりあえず悪口よくない。おしまい。


おまけ 「半分、青い」の評

nogreenplace.hateblo.jp

 

生きるのに真面目な人

生きるのに真面目な人はたくさんいると思う。もちろん真面目なほうがいいこともたくさんある。

 

この文を書いてる人はどちらかと言うと真面目だけど、自分に対してはそうでもないと思ってる。将来の展望もないしスキルアップなんてしないし、ただ増田読んで日々暮らしてるだけ。人から見れば本当に怠けた人に見えるだろうなと思う。

 

日々いろんなブログを見るけど、たまに「この人大丈夫かな」と思うことはたくさんある。その半分以上は「生きるの真面目すぎる」ということ。あれもやってこれもやって、誰にでも笑顔でニコニコきゅーんな関係を築いてそれでいてキラキラした未来を描いて……。あー、そんなん疲れちゃうやろコーヒーでも飲んでリラックスしてゴロゴロしてんしゃいとか思う。もっと適当な記事書けよ適当なー、もうとか思う。

 

見てよこの記事。クソだるいじゃん。「肩の力を抜いて生きなければ!」っておいおい、既に力入ってまっせという記事を読んで不安になる。完璧主義がほどほどを目指すのは非常に難しいのかもしれない。80点で合格パンパカパーンな世界をみんなで作った方がいいと思う。

 

真面目は悪いことじゃない。不真面目よりマシ。不真面目と道徳観がないのは別。真面目が人を滅ぼすのを何度か見てるので不安になる。頑張らないでいいよ。頑張ったってどうにもなんないもん。それより自分が心地よくなることを全力で探そうやと思う。趣味に没頭する、ひたすら寝る、メイクする、漫画読む。ご飯食べる。お風呂入る。まずは心に余裕を。

 

以上、連日の「学校行かなくていいよ」キャンペーンを見ていて思うことでした。不登校経験者が出てくるのはいいと思うけど、みんな真面目すぎるよ。そんな不登校の優等生みたいな不登校キャンペーン息苦しいわ。救われる子もいるけど、余計追い詰められる子もいる。少なくとも鎌倉の図書館のツイート時点から、この手の話題にはあまりいい印象を抱かない。不登校はケースバイケース。ケースバイケースを型に嵌めないでほしいし、あくまでも「一例」であることを強調して欲しい。

 

真面目な報道も難しいのかもなぁ。

こんにちは現代妖怪 ~さよなら現代妖怪2~

21世紀も5分の1が終わろうとしていますが、皆さん未来を満喫していますか?
想像以上に現実的とか思わないでくださいね。


さて、以前「さよなら現代妖怪」と称して都市伝説の中の妖怪がテクノロジーの発達で人々から忘れられていくという話をしました。現代でろくろ首は行灯の油を舐められないし、人面犬は道端のゴミ箱を漁れません。小学校の二宮金次郎は「歩きスマホを誘発する」と撤去され、ポケベルで殺害予告をするお化けはポケベルのサービス停止と一緒に闇に消えました。

 

nogreenplace.hateblo.jp

 
ところが、妖怪は人が集まって生きていればどこからともなくやってくる。この東京オリンピック2020時代を生きる妖怪を集めてみました。

 

この記事の趣旨

SNSの普及で便利になった反面、従来にはない感情のコントロールが出てきて不安定になったりいつも怒っていたりする人が現れてきました。ここではそんな「SNSでよく見る事象や感情」を妖怪風にしてみました。特定の誰かを中傷する意図はありません。それでは「あるある~」くらいの感覚で読んでください。


妖怪・真っ暗座談会

真っ暗座談会は根拠のない噂話が大好き。ハンバーガー屋に座ってあることないことを話し、隣に座る人間がSNSで根拠のない拡散をすることを狙う。主に若い女性に変化するが、変化が好きな妖怪やサラリーマンや男子大学生、老夫婦など様々な真っ暗座談会の姿が確認されている。


妖怪・世話燃やし

世話燃やしは若い女性、特に子供を連れた母親が大好き。姿は主に初老の女性をとるが、初老の男性にも変化する。赤ん坊を連れた女性に「靴下を履かせないなんて赤ちゃんが寒そう」「赤ちゃんは母乳で育てないと」「1人目?兄弟がいないとかわいそうよ」などとアドバイスをして去っていく。世話燃やしに悪気はなく、ただ子供がかわいいだけなので相手をしてはいけない。相手をしたら最後、寂しがり屋の世話燃やしはひたすら付きまとうので最近は世話燃やしを撃退する魔除けを付ける女性が増えた。


妖怪・学級会

学級会は現在SNS上に存在し、無駄に人の心をかき乱すいたずらをする。主にファン活動や創作活動をしている若い女性をターゲットにし、無神経な言動を繰り返すことで不要な対立を煽り、コミュニティを破壊する。若い女性以外にも古くは小学校の帰りの会や政治集団にとりつき、あの有名なあさま山荘事件を引き起こしたのも実は学級会の仕業ではなかったかとまことしやかに囁かれている。


妖怪・めしねだり

めしねだりは主に既婚男性に取り憑き、パートナーを怒らせてその怒りを食らう。めしねだりが取り憑いた男性は自分のことしか考えられなくなり、家事に対する意識が極端に下がる。家事育児をしないばかりか、パートナーが寝込んでも「俺の飯は?」と自分の食事を自分で用意しない。めしねだりを男性から追い出すにはパートナーの独力では不可能で、様々なサポートが必要になる。時々女性にも取り憑いてめしねだりの取り憑いた男性と結婚して息子を産み、新たなめしねだりを増やす。


妖怪・ついはく

ついはくは他人からよく見られたい願望に付け込む妖怪。主に若い人に取り付いて他人の投稿を自分の呟きのようにしてイイネを稼ぐ。ついはくに乗っ取られている時の記憶はなくなるので、後で「パクツイしてる」と指摘されても「なにか悪いことをしましたか?」と逆ギレのような態度を取ることがある。そのせいでいろいろ拗れてしまうこともついはくのせいである。

 

妖怪・乳母車にらみ

乳母車にらみは主に中年の男性の姿をとる。ベビーカーを見ると「ちっ」という不快音を出し、母親を萎縮させる。しかし男性には不快音を発しないので昔の人は女性と赤ん坊だけで外出することを避けていたらしい。


妖怪・ジアン

ジアンは人々の猜疑心を餌にしている。男性にとりつき、下半身を露出して歩くことで女性や子供からは恐ろしいという感情を引き出し、わざと子供に不審な挨拶をして回ることで不審者情報に乗り、それを見た男性に「挨拶をしただけで不審者になるとは恐ろしい」と思わせる。ジアンに出会ったら警察を呼び、ジアンを外に追い出す専門エクソシストに見せるのが一番である。


妖怪・からはくしゅ

からはくしゅは無礼な言動をした人のまわりに集まりやすい。何か失礼な態度をとった人をたしなめると、たちまち周りに集まって拍手をする。その生息はSNS上で確認されているが、実在するからはくしゅを見かけた人は極わずかであり、そのせいか「からはくしゅを見かけると幸運が訪れる」という無責任な噂もある。


妖怪・ワカルー

ワカルーは寂しがり屋の妖怪。主にTwitterなどで愚痴を零すと「わかる!」「私の言いたいことを言ってくれた!」「その通りだと思います!」とひたすらリプを飛ばしまくる。しかし自分の言いたいことを自分の言葉で伝えるのは苦手で、いつも「わかる!」しか言わない。一説によれば、ある若者に恋をした妖精が相手の同意しか口に出せない呪いを受けて、若者に気づいてもらいたいばかりに「わかる!」「わかる!」と言い続けてそのまま消えていったという伝説に由来するとかしないとか。


妖怪・黒塗り

黒塗りは座敷わらしのように家や企業に取り憑く。最近は主に企業に取り憑いてその企業を不幸にする。決まりを守らせる心や思いやりといった感情が大好きで、そう言った心を吸い取られて黒塗りに寄生された企業は利益向上のためにどんな手段でも平気でとるようになる。しかし従業員に逃げられては企業が潰れてしまうため、「アットホーム」という偽物の感情を蔓延させることで黒塗りは限界まで良心を吸い尽くす。


妖怪・フラッシュおじさん

フラッシュおじさんは女性の恐怖心を餌にしている。主に中年の男性の姿をしており、駅構内でわざとぶつかったり些細なことで怒鳴ってみせたりすることで恐怖や不快感を得ている。男性の恐怖心には興味が無いためか、男性にはほぼ近寄らず、そのせいで男性には見えない存在となっている。


妖怪・赤丸バツ

赤丸バツは小学校に潜むこだわり妖怪。低学年担任の教師に取り憑き、掛け算の順序にこだわらせて不要なバツを答案に書かせ、保護者と無益な対立を煽って喜ぶ。たまにSNSを使用する数学者に取り憑き、順序に意味は無いと強いこだわりを発揮させる。強く抗議することは赤丸バツの思うつぼなので、小学校の確認テストなら「これは妖怪の仕業だから本気にしてはいけない」と保護者が子供によく言って聞かせることが大事になってくる。学期末の評価に関係しない以上は深く関わらないのが対策になる。

 

その他にも「ジェンダーから外れると湧く色んな意味で面倒くさい妖怪」や「従業員が休憩していると意味もなく電話をかける妖怪」や「恋人同士が歩いているのを見るだけで憎悪を増幅させる妖怪」などたくさんいます。


まとめ

これらのことは実際に遭遇するとすごく面倒くさいしいやな思いもするけれど、SNS上で見た話を自分事として怒るくらいなら「そういう妖怪に会っちゃったんだな」と思うくらいの心の余裕があるといいなと思って書いた次第です。対面の人間にやられるとすげぇムカつくのですが、妖怪として存在や対処法を知っておくと実際に遭遇した時に幾分か心持ち穏やかに対処できる気がするのです。


実際この前「世話燃やし」に遭遇したのですが、「世話燃やしだし、しゃあねえなぁ……」と秒で気持ちを切り替えることができました。それよりも「マジでそういうことあるんだな」と貴重な経験をした気分になれました。相手を妖怪呼ばわりとか失礼な気もするのですが、相手を尊重して無駄なダメージを受けるほうが無益かなと思う次第です。


もちろん傷害や警察が必要な事態には粛々と対応するべきです。でも他人の噂話で無駄に消耗するな、と言いたいわけです。他人の怒りをいつも自分事のように捉えて、それでいつも怒っている人にも何らかの妖怪が取り憑いて、悪さしているのかもしれません。ようかいの、せいなのねそうなのね!


ウォッチ! 今何時? 雑に言及して燃える記事~!

 

ディスコミュニケーションについて考える

ちょっと前の件から書いていきます。なんで今更なのかというと、ブログ書こうとして途中まで書いて放置してしまったからネタの鮮度が落ちてしまっただけです。しかし、ちゃんとナウな話題も盛り込むので安心してください。だけどそのせいで長いです。安心できませんね。


「俺悪くないよなメソッド」

そんでこの件なのですが、サインとか判子とか無意味なルールとか以前の問題だと思う。

 

togetter.com


結論から言うと、1番の問題はそれぞれの立場がよくわからないまま話をしてしまったことだと思う。このまとめは「学校ひどい!」のバイアスがかかっているのでそう見えるけど、学校サイドから見ると多分違う世界が見えてくる。


まとめ主は「このような対応をされて信頼関係を損ねた」と言っているけど、学校側からすれば「サイン不可」と書いた紙にわざわざサインをよこす時点で信頼関係なんて存在しない。印象としては「なんだこいつ、判子だけに反抗する気か気に食わん」となるわけで。


昔の平成教育委員会の話なんだけど、複数のコップをシャッフルするという問題で「Cのコップに水が入っていないとするならどのコップに水が入っているでしょう」と条件がついていたのがあって、ほとんどの解答者がAとかBとかDと答える中、蛭子能収さんだけCって書いてて「問題にCじゃないって書いてあるやん!」ってめっちゃ突っ込まれていたことがあった。テレビの前で腹抱えて笑ったんだけど、こんな風にバラエティ番組のボケじゃなくて仕事の対応で「やるな」ということをわざわざやられたらクソムカつくだろうなと思う。


話をプールに戻すと、とりあえずフォロー入れないとと思って担任が電話したら「なんでダメなんスか?最近は脱ハンコがムーブメントですよ、判子の意味あるんスか?」と言われる。担任の心象としては「これから先も判子を押さないどころか開き直りやがった、やっぱり面倒くさい奴だ」だろう。そんで校長に「児童がプールに入れないからと逆ギレしてる」と伝えて、校長は「はいはいクレーマー乙」となる。この辺は校長もいい加減な対応っぽくて悪いよね。


じゃあどうしたらこんなコミュニケーションが防げたかと言うと、「サイン不可」の用紙にわざわざサインをする時点で「うちには判子がないので今回だけサインでよろしいでしょうか」と付箋を貼るなり事前に学校に連絡するなりしておけばよかった。「サイン不可だけど事情がありまして、よろしいでしょうか」という態度が「事前に」見えれば対応もまた変わってくると思う。


多少理不尽なルールであっても、ルールに疑問を持てるのはルールを破っていないことが前提にあると思う。「このルール守るのが大変」とか「実際に運用したら不都合がある」とか、そういうところからルールの見直しがある。ルールを破っておいてから「ルールのほうがおかしいんじゃないですかぁ!」って言われたら、まぁ逆ギレにしか見えないよね。スマートじゃない。


だからまとめ主が出来るのは担任からの電話の時点でとりあえずルール無視をしたことを詫びて、「これからは判子を押す予定です」とか「家に判子がありませんので」とか事情を話すべきだった。そんで後日サイン不可の理由を聞くべきだったのかなと思う。担任からすればどんな言葉を使っていても逆ギレにしかならない。校長を通すと言われた時点で「答えられないならまた後日で大丈夫です」と言った方がよかったかもね。


校長の受け答えを見るだけならクソだなぁと思う。だけど何らかのバイアスがかかっているので本当にそう言ったのかは話半分くらいに受け取った方がいいと思った。しかし「判子の欄が狭いから」はもうちょい頑張れとは思った。


校長は校長で「判子を押したくないんですね?ルールだから押せよ」じゃなくて「何か押したくない事情でもあるんですか?そうですね、最近は判子使わなくなってきましたよね、電子化とかしてますし、うんうん、判子を持たない家庭もありますよね、外国人家庭も増えてますし、うんうん、世間的にそんな話になっていますよね、わかります、わかります、そうなんですよ、でも今年はサイン不可でカードを作ってしまったので今からルール自体を変えるのはとても難しいんですよ、次年度以降検討します、はい、今回はご迷惑をおかけしました、いえ、こちらは大丈夫ですので、そうですか、はい、はい、失礼します」くらい言えよなぁと思う。クレーム対応の原則は相手の話を否定せずに聞くことって管理職研修で習っただろ?


この主張が典型的な「俺悪くないよなメソッド」です。「俺悪くないよなメソッド」は個人的に名前を付けただけで正式なアレとか何もないのですが、こんな感じの「自分の非は認めるけど、でも相手の非のが大きいから相対的に俺悪くないよな?な?」という内容の主張をそう呼んでます。炎上する記事はしばしばこのような内容になりがちなところから気にしていました。


ポイントは「な?な?」の部分です。SNSなどで訴えて「相手を悪者にしてやろう」と感じるものは大抵なんかバイアスがかかってると思っています。特に相手が行政や学校、大企業などの場合は炎上というよりも人々の憎悪の炎に油を注ぎます。また異性関係でも「これだから男は(女は)」と言って炎上します。


主語デカバーニング

「俺悪くないよなメソッド」からは少しはずれますが、糾弾相手を設定したために炎上した記事があります。

 

togetter.com

 

このコミックエッセイ自体は最終的に「自分がされて嫌なことから距離を置いた」というだけなのですが、主題を「女の子」にしてしまったことで大変なことになっています。先にこのブログ書いてる人の見解を述べておくと、「女の子」で死にたかったのは「女の子」という属性から逃れる術を知らなかった筆者だと思うんだよね。属性の嫌なことから逃げるには性別を超えた個人の信頼関係や自尊心が必要になるけど、筆者にはそれがなかった。「属性」から脱却するために環境を変えることに力を入れた、ということだろうか。だから厳密に言えばこの話は「俺悪くないよなメソッド」ではない。どちらかというと「女の子になれない私が悪いんですどっか行きます」なんだよね。まぁ当時のクラスメイトにフォローがないのはよくないとは思ったけど。


実はこのブログ書いてる人はこのエッセイ書いた人をnoteからしばらく追いかけていて、この人の背景をある程度見ているからそういう感想になるのかもしれない。詳しくは実際に彼女の書いたものを見て欲しいんだけど、なんでこの人がこういうものを書いたのかというのが流れで見ていると「あー」と腑に落ちる。しかし、Twitterという点でこの作品に接すると「女の子差別だ許せない殺せ」となる人が出るのもわからなくもない。

  

 
感想として「まぁ男女関係ないよねー」くらいならまだしも、本人のブログにも「アンタの漫画不快だわ、検索してみ、みんなそう言ってるから」って感じのすげぇコメントつけてる奴もいて「やめてあげて!本人そういう攻撃受けるのきっと慣れてないから死んじゃう!」とか思ってしまう*1。しかし、この手のコメントを書く人は一体どういう心理だったんだろう。


特にスマホでネットをしていると狭い画面の中で客観性が失われて、不特定多数に宛てたメッセージでも「自分のために書かれたメッセージ」と誤解して「ここに書いてあることは私のためにならない!筆者が悪い!殺せ!」ってなりがちじゃないかなぁと思っている。「炎上」を語る中でこの「客観性を欠いた読み手」の存在ははずせない。この手の炎上は明らかにアンモラルなものに対する糾弾とはまた別の性質を持っている。


おそらく例のリプライを書いた人は「この漫画嫌だな」と思ったのだと思う。それはそれで何の悪いことでもない。しかしここで「たくさんの人があなたの漫画を読んで不快に思っている=だから私の言うことは全うであるのでお前は受け入れろ」という理屈になっているのはすごく怖いと思った。この漫画自体は本当に賛否両論になっていて、共感した、その通りという声もたくさんある。視野が狭いことを糾弾するコメント自体の視野が非常に狭い。そんなん無視してええんやで、とは思ったけどこのブログ主はそういうことはできないだろうなとは思う。よく言えば誰に対しても優しい、悪く言えば力の抜き所が分からなくて自滅するタイプの人だから。こんだけバズったら変なこと言う人が湧くからマジで相手しないでほしいとは思う。ブロックミュートは正解。


とはいえ、そういうコメントを送る人も何かに傷ついているからそういうコメントを送るのだと思っている。ナチュラルに悪口を言う人って少なくて、大体は何かしら傷つく体験があってそこから逃れるために悪口を言うことっていうのはすごく多い。男女論が荒れるのはそういう仕組みがあるからだと思っている。彼らの痛みを癒しに戻らなくてはいけない。キーブレードが必要だ。


まとめ

どちらのケースにも言える話は、これらはTwitterという場所だから起こった現象だということ。ブログでやればわざわざ読みに来ないといけないし、実際後者のケースではnoteにあげたときにこのような反応はなかった。前者の場合は、拡散さえされなければ「ただの愚痴」として処理されるものだったと思うし、個人の意見がTwitterの感情増幅器に乗って「学校は悪!」「サイン文化とかイミフ!」となってしまったと思う。


Twitterは予期せぬ人にも情報を届けてしまい、過度な共感や反発がとても来やすい。ここまで来ると情報の発信の仕方よりもTwitterという場所の特性をしっかり知ることが重要になってくると感じた。


感想

最近ブログで炎上というのを本当に見なくなった。大体は企業炎上かツイート単体、それかトゥギャられたものがガーーっと燃える。そんで燃えてる時間が短い。個人の失言レベルでは早ければ一晩で鎮火する。数週間に渡って個人レベルで延々燃えている話題なんてなかなかお目にかかれない。


そういうわけで「炎上」っていうものも時代と共に変わってきていると思う。時代っていっても数年単位だけどね。だって2015年の事件で検索したらゴキペヤとかオイルマッチ配信とか出てきて、「あの頃とは確かに何かが違う」とは思う。あれからもう五年近く経つのか……時の流れは残酷だね、おしまい。

 

*1:現在この記事は削除されています

理想のデートを成功させるために見せたい映画とは

以下の増田を読んで何かが降りてきた。

 

anond.hatelabo.jp

 

某日、某所。

 

「そういうわけで橋本環奈似の子とデートすることが決まりました」

「そう」

「そこで見る映画を教えて欲しいのですが」

「知らん、自分で調べろ」

「そんな、俺の貞操がかかっているのに」

「わかったわかった、それでどんな映画がいいんだ」

「映画館でやってるラブコメ映画と夜俺の家で見るホラー映画」

「バカじゃねえの」

「どこが」

「まず、女が全員ラブコメ映画が好きだと思っていたら大間違いだ」

「なんで?」

「当たり前だが、人によって好みというのは必ずあってその橋本環奈がラブコメよりアベンジャーズとかのが好きかもしれないだろ」

「そんな橋本環奈嫌だ」

「落ち着け。そもそもお前はそのラブコメとやらを見たいのか?」

「え?」

「何も考えてねえな。映画館で一緒に見る映画は2人とも楽しめる映画じゃないとダメだ」

「はあ」

「とりあえず『必ずラブコメ』という思い込みを捨てて、その場で彼女が見たいと言っている映画を見るんだ」

「そんなのラブコメに決まってんじゃん」

「はぁ……とりあえず2019年7月現在の劇場公開作品だと『きみ波』『アラジン』あたりが無難だ。時期がずれるなら『天気の子』か『トイスト4』もありだな」

「アニメばっかりじゃん、オタクって思われちゃう」

「バカ!実写の恋愛映画にはたまにガチの濃密なSEX描写があるんだぞ。橋本環奈は処女なんだろ?そんなもんたかだか数回会っただけの相手に見せていいのか?」

「うーん、うーん……」

「とにかく、映画館でその場で話し合って見たいのを決めろ」

「じゃあ、ホラー映画は……」

「橋本環奈はホラー苦手なんだって?じゃあ見せんな。有り得ないがおうちDVDしたいなら過去の『笑ってはいけない』か『アメトーク』でも借りてきておけ。個人的に『笑ってはいけない』は湯河原温泉が最強すぎて最近のはその年に流行った芸人大会だと思ってるけどな」

「そんなんロマンチックじゃない!なんでケツバットでエッチに突入しないといけないんだ!」

「はいはい……で、ホラーって言っても幅広いからどんなのをイメージしてんの?」

「例えば、『リング』とか」

 

リング [DVD]

リング [DVD]

 

 

「はぁ……あのなあ、『リング』は何年前の映画だと思ってんだ?もう20年前だぞ!橋本環奈幼少のときの映画だぞ!」

「え、それの何がダメなのか……」

「まず実体験がないからビデオテープが何だかわからんだろうよ。32歳増田の子供の頃は当たり前だったけど、橋本環奈からしたらレコードみたいな存在のものを見て怖いかって言ったら、怖い前に『古い映画ですね』って感想しか出てこない。それならいっそ『この子の七つのお祝いに』見せたれや。冒頭からめっちゃ怖いから」

 

 

「そんなんムードでそうにないじゃん」

「じゃあ貞子繋がりで『貞子vs伽椰子』はどうだ。ちょっと怖いけどコメディ要素もあって盛り上がるぞ」

 

貞子vs伽椰子

貞子vs伽椰子

 

 

「コメディじゃ嫌だよお」

「面倒くさいな、じゃあ同じ監督繋がりで『ノロイ』はどうだ?これはとあるブログの管理人が『Jホラーで一番怖い』と言っていた定評のある映画だ」

 

 

「えー、なんか違う……」

「じゃあどういうのがいいんだよ!」

「だから!橋本環奈がきゃーってなる奴だって」

「わかったよ、じゃあモンスター系ならどうだ?『アナコンダ』とか」

 

アナコンダ Blu-ray
 

 

「なんか暑苦しそう」

「じゃあ『ミスト』とかどうだ?なかなかスリル満点の映画だぞ」

 

ミスト (字幕版)

ミスト (字幕版)

 

 

「それは見たことある!俺をはめようったってそうはいかん!」

「ちっ……じゃあ女子の一定数に必ずウケるティム・バートンはどうだ? 『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』の監督だぞ」

 

 

「アニメはオタクっぽいってば」

「お前食わず嫌いしてんな……『スウィーニー・トッド』なんて結構ドキドキできる系だと思うんだけどな。ホラーとは違うが、デートで見るなら『シザーハンズ』一択だけどな」

 

 

シザーハンズ (字幕版)
 

 

「それだと俺に抱きつかないだろ!」

「だからどうすれば抱きつくんだよ!」

「例えば、森の中で迷子になって怪物が襲ってくるとか……」

「それならシャマラン監督の『ヴィレッジ』がいいぞ」

 

ヴィレッジ [DVD]

ヴィレッジ [DVD]

 

 

「でも『シックス・センス』の人でしょう、なんかオチが読めるんだよねー」

 

 

「うるさいな……じゃあ森の中で迷子になって、助けてくれた人がいると思ったらとんでもない奴だったとかそういう映画は?」

「それいい!採用!なんて映画?」

「『変態村』」

 

変態村 [Blu-ray]

変態村 [Blu-ray]

 

 

「タイトルで却下!」

「じゃあ迷子になって、助けてくれた人がいると思ったらとんでもない奴だった第2弾」

「タイトルは?」

「『ムカデ人間』」

 

ムカデ人間 (字幕版)

ムカデ人間 (字幕版)

 

 

「間抜けなタイトルだな。本当に怖いの?」

「ホラー映画ファンの間でも評判だよ」

「じゃあそれにする」

「そうか、じゃあDVDBOXで全巻持ってるから1枚貸してやるよ」

 

 

「レンタル代浮く~サンキュ!」

「ちなみに2が一番怖くて、3はちょっとコメディ要素あるけどどうする?」

 

ムカデ人間2(字幕版)

ムカデ人間2(字幕版)

 

 

ムカデ人間3

ムカデ人間3

 

 

「一番怖いの! 2を借りてくよ!」

「それじゃあ2のディスクを持ってくるから待ってな………」

 

(ほくほくと帰る)

 

「あいつ、絶対『森の中でムカデのモンスターに襲われる』みたいな話だと思ってるだろ……この映画を自分で事前にひとりで確認できれば、まぁデートは問題ないだろうな」

 

(彼のデートの結果は誰も知らない)

 

 

 

※ホラー苦手な人にホラー映画見せるのは絶対やめましょう。本当に苦手な人は「きゃー怖い」という反応なんか絶対しません。泣いて逃げて映画によっては吐きます。少なくとも自分が好きで見たい映画を見せるのが誠実だと思います。妄想上の理想のデートとはいえ、ここは見過ごせないと思うのです。はい。

 

本当にこりゃまた失礼な2019上半期増田アワード50選 不安になる1user編

お待たせしました、恒例の「不安になる1user編」です。では前置きは特になく始めていきましょう。

 

選出のポイント

・2018年12月21日~2019年6月30日までに「不安になる」タグがあり、選者しかブクマがついていないもの(1user)を選出。

・消えてない(今回は消えているのはいつもより少なかった印象)。

・不安に思う心情が具体的で共有されやすい。

・ネタとして瞬発力がある。

・何を言っているのかわからない。

・そして選者は唐突な下ネタに滅法弱い。

 

anond.hatelabo.jp

 相手もネタで本気にしてないと思いたい。


anond.hatelabo.jp

でっていう。

 

anond.hatelabo.jp

そこに私はいません 眠ってなんかいません

 

anond.hatelabo.jp

テレシコワだ。

 

anond.hatelabo.jp

お財布でも忘れたの……??

 

anond.hatelabo.jp

どうして29歳限定?

 

anond.hatelabo.jp

飯が不味くなる奴。

 

anond.hatelabo.jp

ゆうちょ銀行になったのは郵政民営化した2006年なんだけど、この増田は13年何してたの?

 

anond.hatelabo.jp

本当に棺だったんだろうか。

 

anond.hatelabo.jp

さようなら増田。君のことは忘れない。

 

anond.hatelabo.jp

「舌の位置を気にし出すと発狂する」みたいな奴。

 

anond.hatelabo.jp

そらおめー、花粉症と痔は違うべ。

 

anond.hatelabo.jp

専門外で大変恐縮ですが、何のお話でしょうか?

 

anond.hatelabo.jp

どんぐり眼にへの字口な増田。

 

anond.hatelabo.jp

タイトルと本文が噛み合っていない、噛み合せるとなんか怖い。

 

anond.hatelabo.jp

昔金縛りにあって耳元でずっと男の人が「おい、俺はお前を許さない!」って言われ続けて、怖いなと思ったら「ファミマ店員のお前をな!」と言われて急に怖くなくなった話はよくしますね。ファミマで働いたことは無いです。

 

anond.hatelabo.jp

追い剥ぎにあったか彼女の家から追い出されたんだよかわいそうに。

 

anond.hatelabo.jp

何者。

 

anond.hatelabo.jp

何奴。

 

anond.hatelabo.jp

増田なりの弔意だと思うよ。

 

anond.hatelabo.jp

本当にJKっぽい。

 

anond.hatelabo.jp

10年耐久パンツとは。

 

anond.hatelabo.jp

おっちゃん……。

 

anond.hatelabo.jp

痛い痛い痛い。

 

anond.hatelabo.jp

「、」は何ですか「、」は。

 

anond.hatelabo.jp

掃除機投げるって、ハンディタイプの掃除機だよね?

 

anond.hatelabo.jp

なんかのコピペかと思ってググッたけど見当たらなくて困った。

 

anond.hatelabo.jp

唐突なケモナーで和んだ。

 

anond.hatelabo.jp

「試し行為」って奴だと思う。落ち着いてなかったら誰かメンタルヘルスに得意そうな人に相談した方がいいと思おう。

 

anond.hatelabo.jp

おまわりさんこっちです。

 

anond.hatelabo.jp

登場人物で一番ヤバイのは父ちゃん。

 

anond.hatelabo.jp

ヤる目的で絡んでるなら、まぁ……。

 

anond.hatelabo.jp

ウッキィ!ウキウキウキウキ!!

 

anond.hatelabo.jp

フライドエッグになりそう。

 

anond.hatelabo.jp

「エムさん」にそんなネタがあったな。

 

anond.hatelabo.jp

現在進行形だと思うんだけど、増田は未来から来たのかな。

 

anond.hatelabo.jp

じ、腎臓の悪い兄のために提供したんだろ……?

 

anond.hatelabo.jp

「知り合いの脳科学者」が「知り合いの脳」に。

 

anond.hatelabo.jp

オフロスキーになにされたんだ?

 

anond.hatelabo.jp

おっさん……職は見つかったかな……。

 

anond.hatelabo.jp

さいごがかなしい。

 

anond.hatelabo.jp

親らしい言葉?「こらタカシ腰騒ぎの胸つき早くしなさい!」とか?

anond.hatelabo.jp

私だけだと思います。

 

anond.hatelabo.jp

後輩(ちっアイツ死なねーかな……)

 

anond.hatelabo.jp

オナニーすると男性ホルモンが活発になって髪がベタついて禿げる、という都市伝説があるけど気のせいだ。

 

anond.hatelabo.jp

まずは姿見を片付けようか……。

 

anond.hatelabo.jp

ブコメにも書いたけどラ・ラ・ランドのヒットで出来たミュージカル映画コーナーにダンサー・イン・ザ・ダークあったの凶悪すぎ。

 

anond.hatelabo.jp

カニ(ウニ)[タコ]みたいなキムチ。

 

anond.hatelabo.jp

部屋で死ぬと迷惑がかかるからお医者に相談しよう。

 

anond.hatelabo.jp

おいお前ら!増田のような弱いものをいじめるんじゃない!

 

まとめ

今回は候補だけで162、それから大分削って50に絞りました。なんとなく前に比べて消えている増田が少なくなっていた気がします。それも含めて増田の中が変わって行ってるのかなと思います。では下半期の増田アワードでお会いしましょう。おしまいです。

 

その他の増田アワードはこちらから

nogreenplace.hateblo.jp