さよならドルバッキー

この世の裏を知ったドルバッキーは世を儚んだ。

9月20日の話

〇俺は自由だ。自由とは羽ばたき。自由とはメガネを奪われないこと。ズレた眼鏡は捨てた。

 

〇ここしばらく生活とかちょっとした仕事に追われていたり暑くて死んでたりしたけど少し余裕が出てきたのでいろいろやってみようかなとか思ってる。手始めにブログ整理したい。のべらっくす跡地の処理とか、あと自分のHDDの整理とか。すげーごちゃごちゃしてるので記事をどこに置くとか考えるだけで頭が痛い。最初から整理しとけよ馬鹿って話だけど。

 

〇しばらく小説とか書いてなかったけど、ぼちぼち思い浮かぶまま何か書いていきたい。ふとした時間に思い浮かんだフレーズとか断片的な情景とかスマホに書き留めてるけど、まーまとめる暇とか場所がないのね。気が向いたら形にします。

 

〇そんでバラバラに書き散らかした奴をどこにしまうか悩んでる。思いつきで行動するから良くない。noteのアカウントも整理しようかなー。

 

〇暑くて死んでたと言ったけど、真面目に死んでた。正確に言うと熱中症になった。暑い中ちょっと無理して重いもの持って坂登って、家に帰ってすぐ冷房の部屋入って水飲んでご飯食べてたんだけどどんどん頭が痛くなってきて目眩がして吐き気も来たから「もうダメだ」となって病院行ったら「なりかけっス。冷房効いたところで養生しとき」と言われた。もう季節は涼しいターンに入ったけど、来年の夏マジで気をつけたい。アクエリとか塩飴大事。汗かく前に飲もう舐めよう。

 

〇この前の「親権押し付けた増田」だけど、やっぱり不快なんだよね。増田にも事情があったのはわかるんだけど、「親権=子供」を「押し付ける」って言う表現は心底最低だと思う。どんな事情があっても、「押し付ける」は子供をモノ扱いしてるようにしか見えない。「子供の世話を(義母に)お願いした」とか「親権放棄した」だったら多分不快じゃなかったのかなと思う。「放棄」じゃなくて「押し付けた」というニュアンスで元旦那の悪行に天罰的な意味を付与したかったんだと思うけど、子供を復讐の道具に使うなよ。愛情がなくなって育てられなくなったのは仕方ない。元旦那がクズなのも仕方ない。でもあの増田の書かれ方には「私可哀想でしょ、ダンナが悪い義母は頭が固い、私可哀想」が全面に出てて本題の子供に対する感情がすっぽり抜けてる。育てられなくて申し訳ないとかもう顔も見たくないとか。敢えて書いてないというより、本当に考えてないのだろう。書いてあるのは養育費(つまり自分の身の振り方)のことばかり。養育費を払うのが愛情というのがブコメの流れだけど、多分愛情というより義務で言い訳してる感じ。「養育費払えば文句言えないよね?」みたいな。いや、そーじゃないでしょ子供のメンタルはどーすんのよみたいな話はない。あれだけ詳しく後日談書いてたのに。その辺義母に投げたよね。増田のメンタル的に無理だったのかもしれないけど、だけど子供が何歳か知らないけど「押し付けた」はないよ。この表現だけで悪ぶってるにしても不謹慎。この辺「日本死ね」と一緒だと思った。

 

〇男女逆にするというより子供を犬とか猫にして「転勤で引越ししなくちゃいけなくなってメンタル崩してかわいいと思えなくなったから実家に押し付けた。責任取ってエサ代は出す」とかにして「犬押し付けてきたフゥー↑↑↑↑↑」とかにしたらこの不快感が伝わるかなぁと思う。フゥーじゃねーだろフゥーじゃ。もっと犬に対してなんか言うことあるだろって。

 

〇ぶっちゃけ後日談含めて「はてなでウケそうなネタの盛り合わせ」過ぎて釣りっぽいなぁと思うんだけど、どうかねぇ。個人的に義母が味方にならなかったところが怪しいと思ってる。同じ目にあっている義母が母性神話を持っていたというより、増田が何かやらかして義母の怒りを買ったと捉えた方が自然なんだよね。その辺都合悪いところはカットされてるだろうし。まー勝手にムカついててもしゃーないし、あの話を増田に投げる時点で何か思うところあるわけで気にしないほうがいいよね。

 

〇日曜日は晴れるみたいなのでお出かけできたらしたいなぁ。

 

〇それでも僕はまだインマイライフ。

 

 

「人の気持ちがわからない」ということについて

 透明なゆりかごを毎週見ている。次回で最終回だ。

 

www.nhk.or.jp

 

 ゼロ歳児を育てながら見るにはしんどいドラマだ。お腹の中にいる頃やっていたコウノドリは怖くて見ることができなかったけど、お腹から出てきたなら見てもいいかなぁと思って視聴している。

 

 その中で印象に残っているのが主人公アオイが何かにつけて「私は人の気持ちがわからないから、わかるようになりたい」というところ。第三話の八つ当たり妊婦に対しても何故彼女が怒っているのかわからず、「私が何か至らないために彼女は怒っているのでは」と怯えていた。第九話の性暴力を受けた友達の小学生に対しても「私が何か気付いてあげられたらもっと早く何とかなったのでは」と自分を責める。

 

 アオイはADHDと診断されていて、自分の興味のあることが最優先でその周囲の事象に気を配れないことが多く、そのため常に「私の行動が誰かを傷つけないか」という不安があった。でも視聴者からすれば「いーやそれは誰だってわかんない理不尽なことだよ……」ということにも「私が至らないばかりに」と敏感になっている。結局他人と他人は心の奥底まで分かり合うことはできないし、だからアオイのように相手を理解しようと努める姿勢が評価されるではないかと思う。

 

 で、「人の気持ちがわからない」と言えば延焼してるこの記事。この記事では「料理した人に美味しいということを義務にする是非」は話しません。このブログ記事の表現方法についての話がメインです。なお書いている人は料理を作って提供するのが好きです。

 

www.kawauchisyun.com

 

義務なわけがない、と言う反応を見て一番最初に思ったのが人の気持ちを想像するスキルがない人がたくさんいるなぁ…ということだ。

料理を一度でも誰かに振舞ったことがある人であれば、相手が無言で食べたり、美味しい!という言葉の前に小言が入った時の悲しさを理解できるはずだ。

また作ったことがなくても、人の気持ちを想像することが出来れば「美味しい」という言葉の重みが少しはわかるのではないか。

「美味しいと言うのは義務」という主張に条件反射のように「義務なわけない」と反論する人を見て思ったこと。 - 主夫の日々

 

 うーん、もうこの段落だけで対話不能感がにじみ出てて怖い。人の気持ちを想像するスキルのない人の気持ちを想像する余裕はないのだろうな、と。ひとつツッコミを入れるならば、何故「義務なわけがない」と思った人は「反射的に」思ったと思ったんだろうというところ。本文をしっかり読んで、自分の経験と照らし合わせて、その上で「やはり義務はおかしい」と考えた人もいたのではないだろうか。そういう人が「反射的に」という一文を見たらイラっとくるし、悲しくもなるだろう。この人は私の話は聞いてくれないんだなぁ、と。

 

何度「毎日作る料理は大変だ」と言っても、一定数「料理なんて簡単だろう」という言葉が返ってくる。

数分で食べてしまうからそう思うのかもしれない。また毎日手作りの料理が当たり前に出てきて感覚がマヒしてしまうのだろう。

今日はあなたが毎日食べている料理がどうやって出てきているか、を書いていきたい

毎日家で料理を食べている人は、その料理が誰の時間を使って作られたものかを知らなくてはならない。 - 主夫の日々

 

 このブログでは上記の通り、読者を「家事に理解のない男性」としている。しかし実際の読者層は「家事に理解のないパートナーに苦しむ人」になっていて、「よく家事に理解のない男性に物申した!スカッと!」とハッとして拍手喝采しているのが実態なんじゃないのかなあと。つまり、想定と実態が乖離しているのではないかと。

 

 インターネットに書き込むものって基本的に誰でも見れるものだから、見てほしい人だけに届けるのは不可能だと思う。だからブログの筆者が「家事に理解のない男性」に向けて「あなた」と呼びかけているんだろうけど、そもそも家事に理解のない男性は主夫を名乗る人のブログなんて目に入れないので筆者がどれだけブログ内で大変さを語ったとしてもまず届くことはないだろう。そして万一にそういう人がブログ記事を読んだとしても、他人事で終わらせてしまう可能性が高い。「じゃあブログ書いても無駄だって言うんですか」ってなりそうだけど、そうじゃない。このやり方ではまず読んでもらっても理解されないだろうし、やり方を変えないと人の心は動かない。

 

 そして「家事に理解のないパートナーに苦しむ人」からは共感や励ましの言葉は来るけれど、このブログの書き方では「家事に理解のある男性」や「夫婦で家事をうまく分担して運営している人たち」や「独身で家族がない人たち」からは「主夫がなんぼのもんじゃい」と反発をくらうだろう。何故なら家事も育児も頑張っているのにこのブログを読むだけで「あなたは家事も育児も理解がないダメダメさんですね、僕が教えてあげましょう、やれやれ」というメッセージを受け取ってしまうからです。自分が対象ではないとわかっていても、「あなた」と限定されてしまうとイラっとくる人も多いだろう。「この文章を読んだ読者はどんな気持ちになるのか」を想像してみるといいんだと思いました。

 

 余談であるが、上記の記事のブコメに「さわぐちけいすけ」や「マルクス」の名前が挙がっていた。どちらも「自分が特定の主張をするために何かを踏みつけている」感が強い方だと思っている。

 

togetter.com

www.buzzfeed.com

 

 それよりも自分はこの筆者は「のぶみ」に近いかなと思っています。

 

wezz-y.com

 

 この界隈では有名な炎上絵本作家ですが、ちょっと一般的ではない母子像の絵本を書いて「感動!」というタイプの感じです。この人自身が「母親」というものを歪めて捉えているんじゃないか説はかなり信憑性があります。

 

俺の父親は家事をほとんど手伝わないタイプでした。

家事は妻の仕事という典型的な古いタイプの人間で、「家事をしてくれてありがとう」なんて1ミリも思ってはいなかったと思います。今思い返しても妻は家事をして当然と言う態度でした。

だからちょっと衝撃的ですが、母の料理を食べて父親が「美味しい」と言ったことは、俺の記憶が正しければ一度もないんですよ…

友人からも料理上手だと評判だった母にもかかわらず、です。

しかし外食に行けば父親が「これ美味しいな」と言っているのは何度も聞いています。

つまり、父の中では母が料理を作るのは当たり前だったから、美味しいと言わなかったのだと思います。

「美味しい」という言葉の重みを知っているか?毎日料理を作ってもらう側には「美味しい」と言う義務があるのだ。 - 主夫の日々

 

 上記のブログのこの部分がすごく不安になった。何故ならここに登場する父親の行動原理は全部筆者の主観でしかないのに「こうに違いない」と決めつけてしまっているからです。本当にこの筆者の父親は家事に対して無理解だったのでしょうか。筆者のいないところで伝えていたり、言葉では照れくさいので筆者に見えないところで何かお返しをしていたり、母親が「照れくさいからいちいちお礼とか言わないでよろしい」と伝えていたかもしれません。この辺ははっきりした父親の言葉がないと「筆者の歪んだ父親像」なんじゃないかと思って怖いです。

 

 そう考えるとこのブログで「あなた」と読んで殴っている人物はこのブログの筆者の父親及び過去の自分なんじゃないのかなぁと思う。正直そこまで喧嘩腰になって殴る必要あるのかな、というエントリ見てて不安になっていたのですがそう思ったらなんか、あーって気分になりました。

 

 プロフィールに「まだまだ認知されていない家事育児の大変さをより広めるために」とあるけれどTwitterを覗けばとりあえず家事育児の愚痴なんて星の数くらいあるし、朝の情報番組では主婦の悩みなんかテレビでもやっているし、そもそも家事育児やってるかーちゃんたちはその大変さわかってるんだから「大変さをより広め」ても仕方ないよね。なんていうか、非常に魔理沙が大切なものを盗んでいった音がするわけですよ。ごっすんごっすん五寸釘。全体的に呪いが漂っているんだよね、このブログ。余談終わり。

 

 まとめると「人の気持ちがわからない」っていうのは煽り文句にもなるけど、わからないからこそわかろうとする努力が出来るしそこを乗り越えて分かり合えたら素敵だよねってことだと思います。かーちゃんになることはすごく大変だしその点男って呑気だけどそれはそれでかーちゃんの気持ちを理解する大変さもあるし、それをかーちゃんは理解できないんだろうなぁ。そうやって持ちつ持たれつしていくのが家庭ってもんなんじゃないでしょうかね。ゼロ歳児の考えていることはよくわかりません。とりあえず眼鏡を奪いたがるのはわかりました。奴は目玉を狙ってきます。おそろしいおそろしい。おしまい。

 

 

とある怪文書について

 Twitterで流れてきた怪文書が気になったのでちょっと調べた。調べたと言っても特徴的なキーワードでググっただけだけど。

 

 怪文書の内容は子供の文字で「父親に虐待されている」という内容の張り紙が某省庁のトイレにあったというもの。ただこれだけ見ると滅茶苦茶怪しい。そして調べてみると結構界隈で有名な事案だったらしく、ここで全てのリンクは貼らなくていいかなと思いました。ちょっとググればすぐに出てきます。なお張り紙は某掲示板情報では本当に貼ってあったらしいです。

 

 で、今回の件で思ったのが「信憑性のあるなしに関わらず、拡散希望ハッシュタグをつけたセンセーショナルな内容のものはまず疑ってかかれ」です。しかも「注目されたいために関係ない話題のハッシュタグと一緒につぶやかれているもの」は危険です。しかも今回は児童虐待と言うセンシティブなもの。本当のことだろうと何だろうと表だってワーワー騒いでいいものではありません。もっとも、児童の保護が一番の目的であるならばの話ですが。

 

 私見としてあの怪文書の目的は「パパをいじめること」だと思いました。何らかの悪意や私怨があるんだろうなと。怪文書自体にも結構不自然な点があって、例えば「パパのことはいっぱい書いてあるのになんでママのことは書いてないんだろう」とか「某省庁の表記ゆれは一体何!?」とか。他にも「張り紙があった」として張り紙本体の写真は出てくるのに張り紙が貼られている写真が出てきていないとか。いろいろ総合的に判断して「拡散しちゃダメな奴」ということに落ち着きました。

 

 「実際に苦しんでいる子供が向こう側にいるならば」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、そういうときは「その子供はどうやってこの張り紙を貼ったのか」を想像してみるといいかもしれません。まず某省庁に子供だけで来れるのかどうかが謎です。閲覧デーは調べてみると原則保護者同伴だし……まぁそういうことでしょう。あと張り紙が実際に貼られている場面を見ていないので何とも言えませんが、子供が張ったならば子供の背丈のところに貼られていないと変ですね。その辺はどうだったんでしょう。

 

 なお、本当に心配なのであればTwitterなどで拡散ではなく、児童相談所全国共通ダイヤル「189」に電話をかけて相談することが望ましいと考えます。児童のプライバシーとかのために。はい。

 

www.mhlw.go.jp

 

 

 

インターネットは人類に早すぎた

 ずっと考えていたこと。多分これからも考えていかなくてはいけないこと。

 

ネット弁慶殺人事件の事実をうけ、私たちが真剣に考えるべきこと(徳力基彦) - 個人 - Yahoo!ニュース

ネットリンチという言葉が当たり前に使われているけれど、どうすればそうなるのか、そうなるとどうなるのかというノウハウはほぼ共有されてなくて、多分その辺に明るかったのがhagexさんだったよなぁ。

2018/07/19 10:22

 

 この事件が話題になってから急に「ネットリンチ」という言葉がたくさん使われ出した。もちろん言葉自体はずっと存在していたけど、事件が事件だけにメディアの報道やそれを見た感想などでも「ネットリンチ」という言葉を使わざるを得ないという感じになっている。だけど、そのうちどのくらいの人が「ネットリンチ」という概念を把握しているんだろうかと思ったら多分ほとんどの人が感覚で使ってるんじゃないかと思う。明確な定義なんてないとは思うけど、それにしてもふわっとしすぎていて腑に落ちない。

 

 そもそも、「ネット炎上」という現象に対しても「なんかよくない行為」くらいにしか思っていないんじゃないかと炎上を表現したメディアなんか見ていても思う。「イメージの炎上」と「実際の炎上」の乖離については何度か書いてみた。

 

nogreenplace.hateblo.jp

nogreenplace.hateblo.jp

 

 さて、「ネットリンチ」になるとおそらく「ネット炎上」と同義語で使うものだと思う。それに「一個人に対して多数が罵詈雑言を投げつける」というイメージが追加されている印象だ。そういう炎上例もあると思うけど、現在起こっている多くの炎上に「一対多数」という図式はあまり見られず、「一個人対一個人(多数)」というのが多いんじゃないかと思う。「インターネットの1000回怒られシステム」というのが一番しっくりくる。

 

togech.jp

 

 リンチというからには「示し合せて」「よってたかって」「いじめる」というイメージがあるけれど、ネット炎上の場合は「個人の判断で」「個人的に」「反対の意見を表明する」ということが同時多発的に起こって、結果として「よってたかって」という印象を生んでいるんだと思う。中には「なんとなくみんなが叩いているから叩こう」という輩もいると思うけど、基本的に「この意見はよくないからみんな聞いて」というスタンスが広がりやすく、リンチをしているつもりは一切ないと思う。

 

www.buzzfeed.com

 

 例えばこの事例だと、「妊婦は救急車を使うな!不正利用だ!」ととある産婦人科医がツイートしたことが発端で「状況次第で救急車を使うのは当たり前」とか「事前に指導が入るはず」というツッコミが各方面から入り、その後該当のツイートが削除されてもしばらく「救急車を使うのは正当なこともある」という意見がTwitterに溢れていました。

 

 これを「ネットリンチ」や「ネットいじめ」と捉えることも、できなくはない。最初に呟いた産婦人科医にすればほんの個人の見解のつもり(多分)であって、ここまで大事になるとは思ってなかったと思う。そしてこの意見に反対した人も「リンチ」や「いじめ」をしたと認識していないと思う。ただ個人の反対意見を言っただけ。

 

fujipon.hatenablog.com

 

 そう考えると「(炎上や刃傷沙汰などを防ぐために)はてなブックマークを廃止するべき」という意見では不十分だなぁというか、結局「無意識にいじめと思われるような現象」が起こり続ける限りはてなブックマークを失くしても意味はないかなと思うのです。はてなブックマークの代わりにそれがTwitterだったりニコニコだったりになったりするわけで。例の弁護士の事件などを考えるともっとするべきことはたくさんあると思うんだよね。LINEあたりでグループから仲間外れにしたりするのは「ネットいじめ」だと思うけど。

 

 でも気持ちはわからないでもないというか、はてブからの集中攻撃は受けたことのある人じゃないとやっぱりあのイヤーな感じは伝わりにくいかなと思う。「お前読解力残念だな」とか「何を根拠のないことを」とか思うことはあるけど、それははてブのせいじゃないと思ってる。はてブを通しているから「はてなブックマーク」という意思がある気がするけど、その向こうにただ個人がいるだけだ(明らかにbotだろうというのもあるけど)。

 

 冒頭の銃規制の話と同じで、最初から、自分の結論ありき、なんですよね。
 相手の話なんて、もともと聞くつもりはない。
「自分にとって大事であること」「過去にこんなに役に立った、ということ」をまくしたてるだけで、不都合なところを指摘されても、「それを含めて総合的に判断する」ということができない(あるいは、するつもりがない)。
 世の中のほとんどの事物には、メリットがあれば、デメリットもあるはずなのに。
 これでは、「議論」にならないし、「改善」もすすめられない。
 ただしこれは、反転してみると、僕も「言われる側の感覚や被害者意識」に凝り固まっていて、存置派の話をまともに聞こうとしていない、ということではあります。

 

 これははてブに限った話でなくネットリンチをめぐる状況も同じで、結局「議論」も「改善」も誰も求めてなくてただ言いたいことを言っているだけ。言ったところで仕方ないけど言わずにはいられないという人もいれば、本気で相手に忠言をすれば事態は良い方向に流れると思っている人もいて、それぞれがぐちゃぐちゃに主張しているのがたまたま数の違いで「炎上」に見えているだけなんだろうなと思う。

 

 意外とネットで起こる騒ぎに悪意が絡むことって少なくて、大体は誰かの意見の延長上に善意からくるたくさんの同意見がくっついていることのほうが多い。そしてそれはネットじゃなくてもよくある話で。

 

 よくある話だからこそ、こういった悲惨な炎上やネットリンチを防ぐためにはネットを使う人全てが「自分の意見は誰かの刃になり得る」って自覚し続けないといけないんだと思う。じゃあそれが出来るかと言えば、まぁ無理だろうと思う。それが出来れば戦争なんて起きていないし、みんな諸手を挙げて核兵器だって廃絶できると思う。

 

 じゃあお前はどうなんだ、と言われればうまく使えている自信はないしこれでいいのかと手探りでいろいろやっているところかなと。どこかの超人類が人類からネットを取り上げるか、なんかすごい発明で全ての人間が心穏やかに暮らせるまでとりあえずこのまま使い続けるしかないのかなと、諦念のような何かを感じています。少しでも状況が良くなる日は来るのかな。

 

まったく誰も得をしない2018年上半期の増田アワード50選「不安になる1user編」

 ここから先は「増田」「不安になる」タグをつけて1userだったもの、つまり他に誰もブクマしていないホッテントリからこぼれた増田の供養場です。前回の「不安になる編」よりも純度の高い「不安になる」があります。消えてない奴だけで100以上あったので厳選して50に減らしました。


「不安になる」について

nogreenplace.hateblo.jp

 

選出のポイント

・2017年12月22日~2018年6月30日までに「不安になる」タグがあり、選者しかブクマがついていないもの(1user)を選出。

・消えてない(体感として全体の4分の1ほどは消去されていた)。

・不安に思う心情が具体的で共有されやすい。

・ネタとして瞬発力がある。

・何を言っているのかわからない。

・そして選者は唐突な下ネタに滅法弱い。

 

「不安になる1user」50選

anond.hatelabo.jp

 洋服屋に着ていく服がない、みたいな。

 

anond.hatelabo.jp

 そういうのは自治体の職員が一回数千円のお手当もらって処理しているらしい。

 

anond.hatelabo.jp

 ツリーを見る限り、プラナリアとは感情の二面性を指すらしい。

 

anond.hatelabo.jp

 歯医者さんのイメージはどこから来たのか。

 

anond.hatelabo.jp

 うんこ食いながらカレーしてんじゃねえよ。

 

anond.hatelabo.jp

 難病ほうれん草がよくわからないのに納得しないで。難妙法蓮華経

 

anond.hatelabo.jp

 行平鍋のことかしら。

 

anond.hatelabo.jp

 学食にあった「鶏竜田うどん」はカロリー摂取の味がした。

 

anond.hatelabo.jp

 何を聞きたがっていたのだろう。

 

anond.hatelabo.jp

「なんと奇遇な!」とか。 

 

anond.hatelabo.jp

 星座の導きで今巡り合わない。

 

anond.hatelabo.jp

 ジャビット君に罪はないんだ……。

 

anond.hatelabo.jp

 んっ

 

anond.hatelabo.jp

 個人的にめちゃくちゃ好きなのに1userで残念。もっと伸びてほしかった。

 

anond.hatelabo.jp

 はま寿司のせいじゃない。

  

anond.hatelabo.jp

  姉妹作品はこれこれと思われる。

 

anond.hatelabo.jp

 似た文体のブロガーがいたなぁ……。

 

anond.hatelabo.jp

  一体どんな買い物だったんだ?

 

anond.hatelabo.jp

 (改行)とは一体。

 

anond.hatelabo.jp

 麻生botとか石破botかぁ……。

 

anond.hatelabo.jp

 何があったのか書いてないけど容易に想像ができる奥行きのある増田。個人的に大好きな奴。

 

anond.hatelabo.jp

 野菜の大切さより野菜の名前を知ろうとしなかったことに衝撃。 

 

anond.hatelabo.jp

 直後の同一人物のものと思われる増田と合わせると不安倍増。

 

anond.hatelabo.jp

 そのうちスマホに羽根が生えてホバリングして蠅とか食い出す。個人的に好きな増田。

 

anond.hatelabo.jp

 デジャヴというより予知夢っぽい。

 

anond.hatelabo.jp

 取引ごっこ、だよきっと……。

 

anond.hatelabo.jp

 みんな辛いと思う。

 

anond.hatelabo.jp

 生まれた瞬間に勝敗の決まるスポーツとは。

 

anond.hatelabo.jp

 科学ドキュメンタリーのワンシーンのような。

 

anond.hatelabo.jp

 うん、気になるね……????

 

anond.hatelabo.jp

 うわぁ気持ち悪い。

 

anond.hatelabo.jp

 たぶん大丈夫。

 

anond.hatelabo.jp

 何食べたらこういう発想が出来るのか。個人的にかなり好きな増田。

 

anond.hatelabo.jp

 副作用で死ぬのは自分だけとは限らないので(運転中に発作とか急に暴れまわって他人をホームから突き落とすとか)お薬は自己判断で買ったり飲んだりしてほしくない……。

 

anond.hatelabo.jp

 匿名でも必要以上に悪口言わないほうがいい。

 

anond.hatelabo.jp

 食べたくない。 

 

anond.hatelabo.jp

 「他の友人とはトラブルはあったが」の辺りがなんか怪しい……。

 

anond.hatelabo.jp

 子供に愛情注いでやってほしい。

 

anond.hatelabo.jp

 是非開いて本文全部読んでぐらぐらしてほしい。

 

anond.hatelabo.jp

 トラバもよい。

 

anond.hatelabo.jp

 怖いよ!

 

anond.hatelabo.jp

 何らかの謎が隠されているのだろうか。

 

anond.hatelabo.jp

  確かに核ミサイルはなくなるねー。

 

anond.hatelabo.jp

 海の中では何万の鰯の弔いするだろう(金子みすず

 

anond.hatelabo.jp

 「オープンクエッション」という素敵なワード。

 

anond.hatelabo.jp

 すごい自意識過剰だ。

 

anond.hatelabo.jp

 とりあえず最後まで読むこと推奨。

 

anond.hatelabo.jp

 ブコメにも書いたけど「災害時海原雄山は避難所の炊き出しを食べるのか」という点は気になっている。

 

anond.hatelabo.jp

 何かのなぞなぞなのかなぁ……?

 

anond.hatelabo.jp

 たまに増田に現れる「特殊な性癖を吐露する」奴だ。

 

まとめ

 まとめていて思ったのが、「消えてる増田が多かった」ということ。「これは面白かったのになー」というものも消えていて紹介できなくて残念だなぁと思いました。消すのも自由だからこその増田だけど、もう少し残しておいてほしいなぁというのが増田ブクマカとしてのワガママです。スペースさんもそういう意味では補足しにくいんだよね。

 

 次回は年末になると思います。それでは次の機会まで不安になっていてください。待てない人はブクマの方をお気に入りしていただくと大体常に新鮮な「不安になる」をお届けできると思います。それではおしまいです。

 

個人的増田アワード
nogreenplace.hateblo.jp

 

nogreenplace.hateblo.jp 

nogreenplace.hateblo.jp

 

まったく誰も得をしない2018年上半期の増田アワード25選「不安になる編」

 列島各地熱湯列島と化していますが、ここいらで今年上半期の「不安になる」増田でも振り返って何とも言えない気持ちになりませんか?

 

「不安になる」とは

匿名掲示板だろうが何だろうが大体文章を書くときは何か言いたいことがあるので書くものです。それなのに文章の要旨が掴めないということがあります。特定を避けるために肝心の部分をぼかしていたり、投稿者の文章を組み立てる力が最悪だったり、単に何も考えていないだけなど様々な理由が考えられます。そういうのがすごーく気になったので、「これは」と思うものに「不安になる」タグをつけていっただけです。読んだ後「あれはどうなるんだろう」とか「意味がわからない……」など自分の軸がぐらぐら動くような気分になる増田です。ちなみに「不安になるタグ」は増田以外にも使ってます。(まったく輝かない2017年の増田アワード「不安になる編」より

 

選出のポイント

・2017年12月22日~2018年6月30日までに「不安になる」タグをつけた増田から選出。

・基本的にブクマ数に左右されず、個人的に不安になったものを選ぶ。

・2018年上半期で話題になったものも選び、振り返りとする。

・なお選者は唐突な下ネタに滅法弱いものとする。

 

上半期 「不安になる」選

anond.hatelabo.jp

選)何か意味のあることを言ってるんだろうけど、多分何の意味もない感じが非常に不安になる。そしてその競技の様子を想像するとシュールで笑えてくる。W杯で盛り上がっている時期に見るとまた味わいの違う増田。

 

anond.hatelabo.jp

選)タイトルだけで読者にも「うわやべぇどうしよう」っていうのが伝わってきて、非常に臨場感のある増田。そしてトラバで生活笑百科みたいになってるのも何だかいい。ちなみに昔、電車で向かい側に座っていた父子がこれから返却すると思われるケースを開けたら空で、その場でスマホを取り出して「おかーさん、あの、プレイヤー……うん、わかった」と会話してたのに遭遇したことがあるけど、大丈夫だったんだろうか。

 

anond.hatelabo.jp

選)大変短い増田ですがその中にドラマが込められていて、まるで映画のワンシーンのようですが何故お母さんが泣いていたのかを考えると何だか不安になってくるのです。

 

anond.hatelabo.jp

選)その短さゆえに非常に力強く響く増田。猛虎弁のよくあるスレタイちっくなタイトルがその存在感を卑近なものにしているけど、瞬発力があるのでノミネート。

 

anond.hatelabo.jp

選)増田で「タンバリン」が登場すると不安になる確率が高い気がする。この増田も何を伝えたいのかよくわからないけど、タンバリンを演奏してそれを続ければよいらしい。タンバリンとは一体何なのか。タンバリン増田に今後注目したい。

 

anond.hatelabo.jp

選)すごく読点がわざとらしく、内容も視野が狭すぎてわざとらしい。その点だけ見れば釣りだと思われるのだけど、世の中は広いので本気でこれを書き込んでいる人もいるかもしれない。そういう意味でかなり不安になる。

 

anond.hatelabo.jp

選)すごく長い。そして読めばわかる通り完全な言いがかり。凶行に走らない、とは言っているけれどこんな風に言葉にしたら後は実行するだけなので今後が心配。この増田に限らないけど、同人界隈の人間関係などを持ち込んだ長文増田がぐっと増えた。それっぽいのは「女子会増田」として観測している。

 

anond.hatelabo.jp

選)稲田さん……!!! この後どうなったんだろう……???

 

anond.hatelabo.jp

選)これは字で見るとそうでもないけど、実際に見るとぎょっとするんだよね。実際、夜道でゴミ捨て場にTENGAがぽろっと捨ててあるのを見たときはびっくりしたからね。外で使用したからそのまま捨てたのか、それとも使用済みをわざわざむき出しで捨てに来たのか……??? ってな感じで。

 

anond.hatelabo.jp

選)ラテン語はどこへ消えたのか。深夜アニメが必修科目になる日は来るのか。疑問が途切れない増田。

 

anond.hatelabo.jp

選)ぼくはすごい。ぼくはえらい。ぼくはかっこいい。ぼくは、ぼくは、ぼくは……。

 

anond.hatelabo.jp

選)「土佐犬だね」が何なのかずっとわからなかったけど、「と叫んだ」だね。外山恒一土佐犬を連れて中指立ててる映像しか浮かばなかった。

 

anond.hatelabo.jp

選)バンドマンの彼氏の想像力のなさが怖い。「恋愛禁止のアイドルとか人権がなくてかわいそう」とは思っているけれど、確かに彼女たちに「彼氏が出来ました」とかなったらまぁ怖い事にはなりそうだよなぁとは思う。その後がとても気になる増田。

 

anond.hatelabo.jp

選)今年上半期ネットで話題になった概念に「わざとぶつかってくるマン」というものが挙げられると思う。増田でもたびたび話題になったが、やはりこういう考えの人も街を歩いているというのは怖い。懺悔も兼ねてと言っているが、ぶつけられた女性の痛みを理解して後悔しているのではなく、脅されて怖かったからなので本質的な部分では後悔していないだろうという点は考慮したい。

 

anond.hatelabo.jp

選)イランイランはアロマテラピーによく使われる香りなんだけど、何だかちんちんからお香のいい匂いがするみたいなビジュアルが想像しやすいのがいい。リラックスしながら不安になれる感じがいいなぁなどと思ったりしました。

 

anond.hatelabo.jp

選)何かを言っているようで全く何も言っていない増田。一行とは言えその不安になる度がじわじわと浸透して350userオーバーという輝かしい実績を作り上げた。文句なしで上半期ナンバー1の不安になる増田だ。

 

anond.hatelabo.jp

選)最初はスルーしたけど、文字列を見ているうちにその引力に惹かれてとりあえずブクマしておいて、「不安になる選」で再度見たとき思わず吹き出してしまったスルメみたいな増田。こんな変な増田を書いた増田を恨んでるのだ!

 

anond.hatelabo.jp

選)前述の「わざとぶつかってくるマン」の流れを受けた増田。主張が支離滅裂、文章の構成が取りとめなく書いたというレベルを通り越してめちゃくちゃ、主観と客観を著しく混同しているという点ではトップクラス。あまりにもすごかったので翻訳記事も書いてしまった。だけどそっとしておいたほうがいいんだろうなとは思う。

 

anond.hatelabo.jp

選)日記的エントリとして臨場感があって大変不安になる増田。もし増田の見たとおりと思った通りだったらかなりひどいことになってる。あといくら離乳食食べなくても30分泣かせ続けるとか、しかも外食で、とか不安要素満載。赤ちゃんが幸せになっていることを祈る。

 

anond.hatelabo.jp

選)なんとなくわざとらしい読み物。だけど「カルビ一枚で一杯ごはんを食べていた」とか「練り物が町から消えた」とか、細かいところで不安にさせておいて「めふぇ」で落とすのはなんか卑怯。結局「めふぇ」って何だったんだろう。

 

anond.hatelabo.jp

選)文字数5000字超。改行なし。「つらい」は18回。「しんどい」は5回。増田はすごく頑張って書いたと思う。もう無理しないで休んでほしい。

 

anond.hatelabo.jp

選)その状況を見ていないけれど「蓋がおいてあった」というだけで不安な気持ちになる増田。大丈夫だったんだろうか。

 

anond.hatelabo.jp

選)記憶に新しい痛ましい事故だったけど、それ以上に痛ましい増田。Twitterでも散々に言われていたのが痛々しかった。それ以上にこの増田と似ている思考の持ち主がもう一人増田にいるってことが怖い。

 

anond.hatelabo.jp

選)「まー結婚式なんだからそーだろーよ」と思うけれども、それにしてもあんまりだ。ひどい。そもそも元カレを結婚式に呼ぶとかすごいな。なんか断れない関係だったのだろうか。

 

anond.hatelabo.jp

選)その3つで1級つくのかとかいろいろツッコミどころがあって面白いと言えば興味深い増田。何かの映画の設定みたい。

 

まとめ

 以上、2018年上半期の「不安になる」増田25選でした。全体的に一発ネタや読み物増田よりも、日常の不安になる日記的増田が目立つ結果になりました。また、最近「2ちゃんの昔のスレから引っ張ってきた釣り投稿」という悪質な増田が見られます。なるべく気を付けてブクマして行こうと思います。次回、「不安になる1user編」をお楽しみに。

 

個人的増田アワード

nogreenplace.hateblo.jp

 

nogreenplace.hateblo.jp

 

nogreenplace.hateblo.jp

 

増田で叩かれるには理由がある・2

 ただでさえ暑苦しい陽気なのにとても生暖かい気分になったので書いておく。

 

anond.hatelabo.jp

 

 本当にこの増田が「元増田」と同一人物なら、ちょっと、いや、結構、うーん、あんまり、いやぁ……な人物だと思う。その理由を元増田も見ながら考えてみる。

 

anond.hatelabo.jp

 

 要訳すると「タイムマシンがあったらいいのに」という言葉を聞いてその意味を取り違えた結果喧嘩になって会社を辞めた女の子がいた、ということらしい。そしてそれを記した増田本人を叩く流れになっている。以下増田が叩かれた理由を列挙する。

 

理由1:長い

 この増田はおそらく「面白いことを言ってやろう」という動機で書かれてるはず。面白い話にはスピード感が求められて、観客は「オチは?」と思いながら聞いたり読んだりするものである。ところがこの増田は本題の「タイムマシンの取り違え」に行くまで「AさんとBさんの人物設定」「会社の様子」などを長々と説明している。そして会話のパートも何行も何行も同じような台詞を重ねている。

 

 この増田を開いた読者は「どれどれ、アンジャッシュというからにはどういう風に面白い話なのかな」と思って読み始めます。ところが最初は会社の説明や細かい人物設定ばかりで「面白い」ところが全くありません。そうやって「面白くないな」と思ったところで「タイムマシンが……」と始まる。そうなると読者は「この話し手はつまらん奴だな」と思ってしまい、話の内容にもバイアスをかけてしまいます。

 

理由2:勿体ぶっている

 元増田の性格が悪いと言われているけれど、文章をよく読めば読むほどその原因が見えてきます。例えば冒頭の4行から正直「たるい」のです。

 

私が前に勤めていた会社の話。

会社は、Web制作会社でした。クライアント企業からサイト制作を承る、どこにでもあるちっぽけな受託の会社です。

そこに、中途採用でデザイナーが入ってきました。まだ若いけれども、前職でもWebデザインをしていたという女の子です。

その子をAさんとします。

 

 この文章に含まれる情報で今後のやりとりに重要なのは「Web制作会社」「中途採用で入ってきたAさん」だけです。その他の情報はぜーんぜんいらないのです。日常会話でこのような話し方をする人が目の前にいたら、多くの人は「勿体ぶった話し方をするなあ」と思うでしょう。そしてそれがプラスに転じることはあまり多くないと思います。勿体ぶっているというだけで結構マイナス評価が与えられてしまいます。以下読んでいて「カチン」とくるポイントを列挙してみます。全部に赤を入れていたら真っ赤になるので本当に気になった部分です。

 

Aさんは、即戦力として期待されていましたが、まだ若いということもあり、会社のローカルルールなどにも慣れてもらうため、教育係がつくことになりました。

 中途入社でも最初は教育係と言うかそういう世話役が着くのは当たり前ではないのでしょうか……?

 

しかし、その性格が後に仇になろうとは…

 そういう勿体ぶった前振りは面白い話をしたいなら言わないほうがいいと思う。

 

彼女は長く勤めていましたが、家庭があるので、パート勤務でした。

  共働き世帯が増えている昨今、家庭があるからパート勤務という因果関係がわからない。増田の思い込みの可能性が高い。

 

(そりゃ家のことがあるし、さっさと帰りたいがためのパート勤務でしょう…)

 増田の推測なんて限りなくどうでもいい情報だし、この件では全く無関係の情報を括弧書きにしたらウザくなる。

 

デザイナー経験のある方ならおわかりいただけるでしょう。

 デザイナーじゃなくても作業してたのが突然パーになることくらいの恐ろしさは誰でも理解できるわ!バカにしてんのか!お前は本当にあった呪いのビデオか!

 

そう、この時も確か夜の8時頃でした。

 そう、って誰に向かって言ってるの? この時もって、他の事件も8時ごろに起こったの?

 

そんな時、Aさんが事件のきっかけとなる一言を発しました。

 だからさっさと事件の話をしなさい。

 

「タイムマシン、ないんですか~?」

とBさんに質問したのです。

そこで初めてBさんが

「はぁっ?」

と切り替えしました。

Aさん「タイムマシン、ないんですか? この会社」

Bさん「はぁ?」

  二回も同じことを続けて書くのはよっぽど重要なことか何も考えていないかのどちらかだし、この場合は二回続けることで限りなく文がウザくなっている。

 

忙しいってのもあったのでしょうけど、Aさんの不思議ちゃんっぷりにも、前からイライラしていたのかもしれません…

 なんでBさんの心情を増田が勝手に想像しているのかわからない。

 

さて、ここまでお読みいただいた方のうち、Macユーザーの方ならお分かりいただけましたね?そう、Timemachineとは、Macに搭載されている自動バックアップシステムです。

 この増田、「さて~」「そう、~です」の言い回しが好きだな。「おわかりいただけましたか」が許されるのは本当にあった呪いのビデオだけだと思う。それか変なブログの書き方講座で変なライティング術を習ったのかな……。

 

(ちなみに私がその数少ないMacユーザーで、上記やりとりを見ながら、吹き出しそうになるのをずーっと堪えてましたw)

 ここが一番批判されているけど、読めば読むほど味のあるウザい文だなぁと感心する。「私が数少ないMacユーザー」という辺りから「windowsなんて使ってるのはダメダメだなぁ」というなんか変な視点を感じるし、吹き出しそうになるのを堪えているくらいなら間に入って説明してあげればいいのにってなるし、何より最後の「w」がよくない。非常によくない。「w」を使うタイミングは少なくともここではない。最近の「w」にはただ笑っていただけではなく「嘲笑」という意味合いが込められている。つまり「女二人がどーでもいいことで喧嘩してやらぁw」というニュアンスがこの一文に込められてしまった。知らなかったでは済まされない。増田に弁解の余地はない。

 

適当にいなしても食い下がってくるAさんに、ついカっとなって怒鳴ってしまったとのこと。もちろんタイムマシンがそういうものだと知っていたら、そこまで怒らなかった、と後に彼女は語っています。

 ここまで読んで来たら何なの、何視点なのコイツと読者は思う。神視点を気取って「後に彼女は~」とか書いているけど、括弧書きでどーでもいい心の声をだらだら書いてるんだったら最初からどっちかに統一したほうがいい。神視点なら神視点で最後まで書いてほしいし、何らかのバイアスのかかった彼女らの愚痴記事ならそう書いてほしい。

 

・データのバックアップを取る仕組みを会社が用意していないのはおかしい

・以前の会社では、Timemachineが用意されていたMacで業務をしていた

Windowsを使うことに抵抗はないが、そういう仕組みがない会社では働けない

・TimemachineはMacユーザーには常識。Macのことも知らずにこの業界で仕事をしている人たちがいるなんて信じられない

・というか、Macでの動作検証とかどうしてるんですか?(←一部の人が個人の端末でチェックしてるだけ。してない案件も多い)

・なので辞めます

  えー、それ箇条書きにして読者に伝えなきゃいけないことなの……? 全然いらない後日談を無理矢理見せつけられているみたいで蛇足オブ蛇足だけど。

 

 以上のように、話の内容よりも増田の書き方が読者をイライラさせるものなので増田叩きにつながったと考えられます。会社の対応とかそういうのと別次元なんだよなぁ、このイライラは。

 

理由3:内容そのものが不快

 上記のように勿体ぶった内容に加えて、実はこの増田には読者を不快にさせる要素がいくつか潜んでいる。ひとつは「不思議ちゃんのAさん」という視点。Aさんが不思議ちゃんであることを何回も強調していて増田としては「アンジャッシュのコント」にしようとしていたけど、やはりどこかでAさんを笑いものにしようという意図が見える。

 

 それに理由2でも触れたけど、Bさんのことも増田は下に見ているように書かれている。「家庭があるからパート」という決めつけが謎だし、「結婚した女は所詮パートしかできない」という言説にもつながっている。

 

 そして致命的なのが「Macユーザーがwindowsユーザーを見下している」という視点。「タイムマシンも知らないの?ふふん!」という感じ。Macのタイムマシン機能を知らない読者はそこが鼻についたのではないだろうか。

 

理由4:読解力とか現国とか言い出す奴にロクな奴はいない

 そして追記が限りなく不快。上記のように叩かる要素はたんまりあるのにそれをすっ飛ばして全て読者のせいにする。7行で人をイラつかせるすげぇ文章。成りすましでこれが書けているなら相当なプロだな。

 

元増田です。

ブコメへの反応もふくめて、みんなー! 読解力〜!

この会社がブラックなのはみんな判ってますから〜〜〜!

5chで「元職場のブラック所業で打線くんだ」みたいなスレ立てれそうなぐらい、いろいろありますから〜〜〜!

本筋、ね? 本筋!! 話の!

学生時代、現国の先生に怒られなかったかな☆?

 

 読解力を駆使して上記の話を理解しようとしても、余計な情報ばかりで話の本筋が全然入って来ないんだわ。そんで増田が叩かれてるのが会社がブラックかどうかではなくて「何故その取り違えのときに間に入ってやらなかったのか」なんだけど、そこは理解できてるのかな? 元増田、読解力~!! 話の、本筋を、ちゃんと、簡潔に、書いて!! Bさんの情報とか会社がブラックとか余計なこと書かないで本筋、ね? 本筋!! 話の!!

 

 そしてとどめの「☆」はなんだ。後で体育館裏に来いって言われても仕方ないくらいにウザイ。あと全体的に「~~~」が多いのが気になった。増田は夢小説かなんか書いていたのか? よく考えるとこの文章自体夢小説とかそっち系のフォーマットだよなぁ……。

 

 叩かれた増田の健康状態やメンタルを考えれば「叩く方が悪い」と思うのはいいと思うけど、やっぱりこの書き方はよくない。後足で砂をかける、とでもいうのだろうか。何にしろ増田の人柄も推して知るべし、というところかな。

 

まとめ

 そんなわけでイライラしないようにリライトしてみた。

私が前に勤めていたブラックなWeb制作会社での話。

中途採用で入ってきたちょっと不思議ちゃんなAさんが業務中に突然大声をあげた。

Aさん「2時間かけてやった作業間違えて消しちゃった!」

みんなでAさんを慰めていると、Aさんの教育係のBさんにAさんが言った。

Aさん「タイムマシン、ないんですか? この会社」

Bさん「はぁ?」

Aさん「だから、データが飛んじゃったんですよ。タイムマシンがあれば復活できるじゃないですかぁ」

Bさん「はぁ? 冗談言ってんじゃないわよっ! こっちだって忙しいんだから!」

Aさん「タイムマシンのない会社なんか信じれられない!」

Bさん「ここは会社よ! タイムマシンなんてないんだから、こまめに保存してなかったアンタが悪いんでしょ」

Aさん「会社だからこそタイムマシン用意しとけってんだよ!」

Macユーザーならわかると思うけど、TimemachineとはMacに搭載されている自動バックアップシステム。この会社は全員Windowsで、個人でMacを使っている人も数えるほどしかおらず、ほとんどの人はTimemachineがMacのバックアップシステムだと知らなかったため、こんなかみ合わない話になってしまった。

Aさんはすぐ会社を辞めたし私も辞めたけど、まるでアンジャッシュのコントのような出来事だった。

 ポイントは「事件のことだけを簡潔に書く」「人物の詳細な説明はいらない」「筆者の感想は極力書かない」「もったいぶらない」という感じ。増田が伝えたかったのはこの取り違えのパートだけなんだから、それ以外は全部カットカットカット。余計な情報は余計なヘイトを招く恐れがあるので注意が必要だ。

 

 ここまで文章についてこき下ろしたけど、たぶん増田は普通にいい人なんだと思う。ただ文章の書き方が悪いだけでこんなに叩かれてしまう。やはりインターネットは人類には早かったんだと思う。おしまい。

 

2があるなら1もある増田解説関連記事

nogreenplace.hateblo.jp