さよならドルバッキー

この世の裏を知ったドルバッキーは世を儚んだ。

男女の仲は君の瞳の底より深い

 最近増田が男女問題系で盛り上がっているので長文で言及しておきたいことをまとめておきます。

 

anond.hatelabo.jp

 

 まずこれ。「増田の気持ちもわかる」という声も多数だけど、この話の本質は結婚観とか家族観なんていうものではない。要は誠意の問題だ。よく読まなくても、この文章の中に「彼女と婚姻関係に準ずる契約を交わしたい」という表現は出てこない。「彼女を幸せにしたい」とは言っても、それが何を指すのかあいまいだ。「彼女を幸せにしたい」と言うのに「私を幸せにしたいなら結婚して」と言うような彼女に「君は好きだけど結婚はしたくない」とはっきりした態度をとっている。それで彼女は泣いているわけで。

 

 増田は「結婚なんて紙切れだけの契約」と思っているけれど、その認識がどこまで本気でそう思っているのかわからない。彼女の視点に立ってみると、今までしていた仕事も辞めて引っ越してきてくれて人生も知り合いもリセット状態にあって、それでも増田と家族になりたくて頑張って来たんだと思う。しかも結婚となればそれまで名乗っていた名前だって変わる(別姓云々はこの際脇に置いておこう)。つまり「増田と結婚」とのために「それまでの人生」を一度おしまいにしてやってきてくれたわけ。その覚悟を「紙切れ一枚」と表現するのは少しかわいそうだと思う。勿論同棲して価値観が合わないなどで双方が「やっぱり結婚は出来ない」というのであれば仕方ない。

 

 「紙切れ一枚」だったら彼女の望むようにしてやればいいじゃん。これから婚姻関係を結ぼうが事実婚だろうが家族であることには変わりないのでどうしても増田が現状の婚姻制度に疑問をもって積極的に婚姻届を出したくないのであれば、それは彼女を説得させればいいし、増田のポリシーなら仕方ない。

 

 だけど、ひとつ見逃せないのが追記した「結婚は別にしたくない」というところ。これがなければ「コミュニケーション不足か言葉の選び方の問題かな」と思えたんだけど、要は「増田が結婚したくない」というところだけが彼女の悲しい理由なんだってこと。増田の場合は「血族としての契約は交わすけど婚姻届は出したくない」というポリシーじゃなくて単純に「結婚したくないのを傷つけないように遠まわしに言っている」ように聞こえる。そりゃ彼女は泣くな。本人は「結婚したくない」というようなことを言っているのに口では「いや、結婚しないとは言ってないよ。君がしたいならすればいい」なんて言っているわけだから。何が問題なのかを理解しようとしない。つまり問題は解決しない。「結婚したい」「結婚したくない」なんだから、もう仕方ないよ。交渉決裂なの。「嫌じゃないからしてもいい」じゃないの。

 

 結婚って言うのは基本的に「したい」か「したくない」かのどっちかで、「できたからする」とか「しないといけないからする」とかになると後々問題になりやすい。理由はブコメでも出ていたけれど、これから先ずっと顔を突き合わせて生きていく間柄で不本意な妥協があるとトラブルのもとになるからだ。お互いの合意が大前提の契約なわけ。事実婚になろうが婚姻届を出そうが、誰に何と言われても彼女を守っていく(彼女も増田を支えていく)関係を築くつもりがないのであれば、早急に話し合いをして彼女のためにもお別れをした方がいいと思う。というか、同棲をしようという時点でそういう話が出ると思うのだけれど、そういう話は出なかったのだろうか。

 

 こういう話を聞いて思うのが「相手の好きにしてあげれば相手は幸せになる」と思っている人がたまにいるんだけど、「適切に意思を伝え合う」ことには敵わないと思うんだよね。何でも「好きにしていいよ」って言われ過ぎるのも人間は孤独を感じるものだから、少しの縛りが欲しいと思うものらしいよ。

 

anond.hatelabo.jp

 

 ブコメにはあんまりだから書かなかったけど、「お金と時間にルーズな奴は信用してはいけない」って親からよく言い聞かされていたからこれは本当にヤバイと思う。一事が万事ってことわざもあるし、これと同じようなことを結婚式でも子供が生まれた日でも子供の入園式でも子供の入学式でも子供の受験でも子供の結婚式でも全部やると思った方がいい。それでも彼を支えていこうと思えるならそれでもいいと思う。自分だけなら耐えられるだろうけど、子どもがどう思うかは増田の想像に任せる。

 

anond.hatelabo.jp

 

 これは上記の奴の反対バージョンかな。人を信じられない人って、人を信じないと言うより「他人を受け入れる自分」を信じていないと思うので増田が誠意を尽くしているなら後は彼がゆっくり増田の気持ちを消化するのを待ってあげるのがいいと思う。だけど、「そういう風に言われて悲しい」っていう気持ちは表明しておいた方がいいと思う。「それでも一緒にいたい」ということもセットで。あとは時間がかかるから気長に待つしかない。

 

anond.hatelabo.jp

 

 男女問題とは少し違うけど「女性は子供を見てかわいいと言わなくてはいけない空気」なんてものがあるとすれば、それは大体そう思っている人の心の中にあるので男とか女とか関係なく本音と建前を適切に表明できる世の中になればいいのにねと思う。基本本音を言ってもいいと思うけど、さすがに子供連れの人に「あたし子供嫌いなんだよね」ってニシンのパイもらったみたいに言われても困ると思うからブコメにあるみたいな無難な受け答えができるといいね。

 

 

anond.hatelabo.jp

 

 最近の増田だとこれが結構好きかも。実際どうなんだろう。

 

 

広告を非表示にする