さよならドルバッキー

この世の裏を知ったドルバッキーは世を儚んだ。

女子会でいろいろ騒いでた奴

最初はただの増田だったけど、何だかネットの根幹に迫る話になったのでまとめました。先に経緯を見て、所見は後ろにまとめます。

 

用語解説

ブコメ

はてな」のサービスのはてなブックマークを使用して記事やサイトにコメントを付けたもの。ブックマークコメントの略。

 

はてな匿名ダイアリー

はてな」のサービスのひとつ。先日サービスを終了した「はてなダイアリー」ではない。

 

増田

はてな匿名ダイアリーのこと。匿名ダイアリーの記事のことも指すし、投稿者を指すこともある使い慣れないと難しい言葉。トラバ(ダイアリーに対する言及記事)先など元を踏まえる増田を「元増田」とも言う。

 

ホッテントリ

はてなブックマークでユーザーをたくさん獲得し、ホットエントリーに載ること。

 

魚拓

ウェブ魚拓のこと。ネットのアーカイブ。簡単に言うと削除された記事でも保存されていれば見ることが出来る。

 

セルクマ

セルフブックマークのこと。自分のブログを自分でブックマークする行為。

 

ことの次第


始まりは書籍化も決まった、人気絶好調ブログ「結婚物語。ブログ」の記事がホッテントリに入ったことでした。

 

ameblo.jp


それを受けて批判する内容の増田(以下増田1号)が投下されました。

 

b.hatena.ne.jp

 

通常なら増田1号が袋叩きにあって、それでおしまいでした。しかし増田1号がビビって追記しまくり、よくわからない方向に謝罪を始め、記事を削除してしまいました。


しかも増田1号に気がついた元ブログも「そんなこと言わせてごめんな(ギュッ」というエントリを投下。「すぐ消す」というワードで即魚拓が取られ、賞賛でホッテントリ入りします。

 

megalodon.jp


その後増田1号を受けて「結婚とかする意味わからない」という増田(以下増田2号)が投下。

 

anond.hatelabo.jp


更に「増田2号は叩かれてるけど言いたいことはわかる」という増田(以下増田3号)が投下。どちらもメタブが立つほど叩かれ、叩いている方も叩かれる。追記もセルクマも重なりあぁ地獄。

 

anond.hatelabo.jp


いくつかテーマがあるので問題を切り分けていきます。


所見1 婚活ブログのホッテントリ入り

まず思ったのは「今までよく増田で叩かれなかったなぁ」ということです。婚活ブログが頻繁にホッテントリしてきたら絶対増田で「婚活とか気持ち悪いし、アニメキャラの名前出せばオタクが食いつくと思うのかテキストサイトのノリがサムい信者の賞賛がうざい」みたいな批判というより愚痴みたいなのが沸くと思ったのですが、観測範囲ではなかなか見当たりませんでした。別にこれは婚活ブログに限らず、人気の出たコンテンツなら多かれ少なかれ発生することで、ブコメ欄に某人気ブロガーの名前が上がっていたのが印象的でした。

 

そもそもはてなといえば非モテに性嫌悪の巣窟、女なんてばっちいから触らないとか男なんてみんな犯罪者とかそういう言論が大腕を振っているような場所です。婚活なんてテーマのブログが連日ホッテントリ入りしてたら誰か噛み付くんじゃないかって思って見てました。

 

個人的には面白い人だなぁと思うのでこれからの活躍に目が離せません。あの謝罪記事のスピード感は相当な手練だなぁと思いました。

 

所見2 増田1号のロジック

そんな土壌がありつつ、例の増田増田1号が投下されるのですが、これがいけなかった。なぜなら増田1号の内容は的はずれな中傷でも具体的な反論でもなくて婚活ブログの内容を補強してしまうようなものだったからです。

 

婚活ブログ「女子会ばかりやっているとお見合いする時間が減るし、女子ウケばかり考えるし大好きな友達を庇うようになるから控えましょう。」
増田1号「女友達と絶交しろというのか!大好きな女友達が泣いてるんだぞ!けしからん!」

 

気持ちはわからないでもないけど、端的に「何故女子会はよくないか」という理由に該当するような記事を書いてしまった。そんでアホなブクマカに見つかってしまった。誰だこんないたいけな増田を最初にブクマしたけしからん奴は。ぷんぷん。

 

所見3 増田1号の追記と謝罪

その後最初にブクマしていた人の想定以上の叩きが大群のようにやってきました。それに焦った増田1号は謝罪を繰り返し、最終的に記事を消してしまいました。

 

一連の謝罪、何回か変わっていて最初はよくある「お騒がせしました」くらいなんだけど2回目以降は「どうしたら許してくれますか」となってブコメに全レスかってくらい返信を載せたりして明らかに情緒が不安定になっていった。特に「どうしたら許してくれますか」っていうのはヤバい。

 

残酷な話をすると、増田1号は憤って増田に書き込んだんだろうけど、トラバやブコメの人は増田1号に対して怒りの感情なんか持ってないんだよね。ただ道で変なコスプレしている人がいたから写メ撮るかくらいの感覚。だけど増田1号はとにかく怒りの感情に支配されていた。ここで書き手と読み手の感情にギャップが生じて、増田1号は「私が怒ったから怒られた」と錯覚したんだと思う。だから「許してください」っていう言葉が出てきたんだと思う。だけど最初から誰も怒ってないから許すも何もないし、叩かれて混乱する増田1号を滑稽なものとして見ていたと思う。

 

まーこんなにネットで全方向から叩かれる経験なんてみんな積んでるわけじゃないから混乱するのも無理はない。前に「あの全方向から無邪気に叩かれる感覚はやられてみないとわからない」みたいな話があったけど、本当にそう思う。こんなところでこんなことやってるから「追記とか燃料投下してどうするんだ」とか思うけど、そういう経験が少ないとやっぱりビビると思う。

 

「どうせ増田なんだし消す必要なかったのに」というのは言ってはいけない

 

所見4 増田2号の書き方

増田1号が燃えたのは上記の通り「もともと婚活ブログに対して潜在的なヘイトが湧いていた」「婚活ブログを題材にした増田のロジックがガバガバだった」ということなんだけど、それに続いた増田2号も婚活の話題で燃えたように見えるけど、指摘のあった通り燃えたのは題材というより増田の論の進め方にあったと思う。

 

もとより「~について興味ないんだけど好きな人はなんでそれをやるのか知りたいので教えて」という増田はかなり燃える傾向にある。

 

「結婚なんてする意味あるの、他人と生活するなんて理解できない」
「子供欲しいとか意味わからないんで子供欲しい人は論破してください」
「結婚式とか金かかるだけ無駄だよね、物好きなんですか」
「学校とか行く意味あるんですか、いじめられに行くようなもんでしょ」

 

こういった増田の後には「ほら誰も俺を納得させられないおまえら無能」みたいな煽り追記が付きやすく、わかっている人にはプロレスみたいなものになっている。そんでブコメ欄には大抵「この増田の言いたいことわかるのにブコメ欄見て絶望した」みたいな人が絶対いる。そういう人ははてブ見ない方がいいと思う。

 

所見5 増田3号の追記とセルクマ


そして増田2号に合わせた増田3号なんだけど、何故かセルクマしてこまめに追記をしているのが印象に残りました。

 

まず、増田をセルクマするっていうのはどう転んでも褒められる記事でないと難しいと思うのです。増田っていう場所は、基本的に人格をいい意味でも悪い意味でも否定して話の中身だけであーだこーだ言うところです。セルクマが絶対悪いかというとそうでもないけれど、わざわざ燃えてる増田にセルクマで賛同を指示、って結構度胸がある行為だと思うのです(またの名前を燃料投下)。

 

その後追記でいろいろ後出ししているし、「それやるならブログのほうがいいよ……」と思うのでブログでやられたほうが良いかと存じます。

 

あと増田でセルクマするなら非公開にするかなんか別のわかりにくいタグを使うとかにしたほうがいいかもしれないです。無駄に攻撃されるだけなんで。

 

自由研究1 増田の名前問題

ここから先は一連の話とちょっと離れた話(むしろこの話がしたかっただけです)。

 

増田1号のトラバやブコメで「増田に書き込むのにあんなにホッテントリに入ってた婚活ブログを知らないの?」と釣りを疑う言及がいくつかありましたが、このブログ書いている人の観測範囲では「ないこともない」と言えます。

 

増田1号の釈明の中に「はてブは政治と経済カテゴリしか見てないから婚活ブログの存在を知らなかった」というような文面があったと思うけど、そうでなくても増田を見ていてもはてなブックマークを知らない、という層がいても不思議ではないと思うのです。

 

昨今「はてな匿名ダイアリー」を「はてな」のサービスではなく「なんかよくわからないけど長文書いて拡散させる場所」と認知されるパターンが増えてきました。Twitterで検索すると「はてな匿名ダイアリーをよく見ます!」という呟きをたまに見るし、「その愚痴をはてな匿名ダイアリーに書き込むんだ」というリプライは結構見られます。更に文脈から増田の話をしていると思われるのですが「はてなダイアリー」「はてなの匿名ブログ」など様々な呼ばれ方もしています。

 

そしてそういう経路で増田を知った方々は増田を「はてなの匿名ダイアリーサービス」ではなく「なんか長文置き場」と捉えてもおかしくはないと思うのです。たまに「私はてな匿名ダイアリーの文章漁るの好き」という呟きを見るのですが、多分姪とかパンティーとかじゃなくて「エモいオタクの呟き」を探して読んでいると思われます。主にアイマス系や同人系の記事に多いと思われます。

 

その他にも「増田文学100選」などでエモい記事だけピックアップしたものを読んだりなど、カジュアルに増田を楽しむ風潮が広がっています。


自由研究2 他の婚活の騒ぎなど

婚活周りってはてなに限らずかなり燃えやすい題材だと思う。思い出されるのは「とら婚炎上」かな。

togetter.com

togetter.com

個人的に「興味本位で街コン行ったらかなり残念でバイトの司会の女の子が頑張ってた」っていう増田が好きだけど消えてたからここでは紹介できない。残念。


個人的な今回の話の中身の所見

増田2号の「己を殺してまで婚活する意味あるんですか」っていうのに賛同している人結構いたけど、結婚って「己を殺してする」ものじゃないからね。「己を見せてもいい人と共に生きていく」ってことだと思う。増田1号の友人は「婚活って否定の連続で疲れた」っていうけど、多分なんか悪いサイクルに陥ってるんだと思う。婚活に限らずなんか悪いサイクルに陥っているときはハーブティーでも飲んでぐっすり寝るのがいいと思うよ。何故か女性向けのライフハックではハーブティーを飲んで寝るのススメがちだよね。牛乳でもいいじゃん。牛乳に相談だ。おわり。