さよならドルバッキー

この世の裏を知ったドルバッキーは世を儚んだ。

9月8日の話

〇九月になってしまった。

 

〇ちょっと乗り遅れてるけど、ジャズビンタ事件については言及しないのが一番だと思っている。体罰はしてはいけないのが原則だけど、人間誰だって間違って手が出てしまう時だってあるかもしれない。一度きりのことだったら当人同士で和解しているのであればそれでいいと思っていたけどリハーサルの時から殴っていたみたいな話を聞いて「触れちゃあなんねえ奴だ」と思った。事件を自分の主張の根拠にしてはいけない。体罰はダメ。ネットリンチももっとダメ。

 

〇ベビハラがどうのこうのというのは相手にしてはいけない。相手にした時点でおしまい。ただ私見を述べるならば、聴覚過敏などで赤ん坊の泣き声が苦手な人もいるのが事実。だからと言って赤ん坊を連れてくるなというのも極論であり、俺の気に入らない奴は公共交通機関を使うなというのはアホの極みだ。そんな阿保みたいな話を延々としているほうがアホらしい。

 

〇「なぜ鶴は美女に仮装して恩返しをしたのか 」という増田が流行っていたけど、一言でいえば異類婚姻譚だからだし、老夫婦に異類の子供が授かる話の異形でもある。後者は例えば桃太郎や一寸法師力太郎、西洋では親指姫や親指トムなどがあげられる。ついでに言うと「見るなのタブー」繋がりでいうとうぐいす女房あたりも似たようなもんだと思う。この辺いろいろ言いたいことはあるけど全然まとまらないのでまた今度。

 

〇物語の類型に興味を持ったきっかけは昔流行っていた「学校の怪談」で、そこで民俗学としての都市伝説を常光徹が話していたことが大きい。そして大学で「味噌買い橋の話は日本にも西洋にもある、シルクロードを通って来たのでは」ということを聞いてますます好きになった。民話の伝播と都市伝説の流布に共通点があるような気がしてある程度追いかけた。今でもこの辺の話は大好きです。

 

〇ネット炎上の発生を見るのが好きなのも、この辺が好きなことが絡んでいるなあと今思った。炎上は民俗学で説明できる(適当)。

 

〇右も左も不倫報道でつまらない。というか、スキャンダル取られる方が迂闊だと思っているので芸能人や政治家の報道では「そのくらいの奴なんだな」と思っている。逆にスキャンダルをしっかり揉み消すことのできる人はそれはそれで政治力に長けていると思う。そんなことは報道されないけど、個人的に偉い人はみんなガソリン代くらいちょろまかしたり不倫したりしているイメージ。清廉潔白な人も逆になんかイヤだなとは思う。突発的事案に弱そう。

 

〇温かいものが飲みやすい季節になってきた。紅茶が飲みたいネー。