さよならドルバッキー

この世の裏を知ったドルバッキーは世を儚んだ。

8月6日の話

〇原爆投下から72年。まだというべきか、もうというべきか。

 

〇具合が悪くて引きこもりレベルだったのが少し良くなって、出かけられるようになってきた。外部から刺激を受けるのは楽しい。

 

〇戦争特集が増える時期になってきた。あの日のことややってしまったことをなかったことにすることはできないので、どんどん報道するべきだと思う。だけど、同時にまた「あの日」がやってくるのではないかという危機感も持つべきなんだと思う。

 

〇最近は『過保護のカホコ』が面白い。黒木瞳が過保護ママというより完全に過干渉ママ、モラハラ路線で「これ過保護じゃねーよ!」と思いながらも専門用語で言えばエネってる高畑充希が次第に覚醒していく過程が面白い。そして過保護通り越して完全に支配しようとしてきている黒木瞳の狂気演技がまたいい。ぶっちゃけ将来の夢を断念せざるを得ない子に「おいしいもの食べて元気出して!」って正気の沙汰とは思えない。そしてこの文章を書いている人は過去に似たような慰めをしている人を見たことがある。その時は背筋が寒くなるものを感じたのだけれど、多分そういう人はたくさんいるんだろう。どんなことがあっても負けない人でいたい。

 

〇近所で盆踊りやってるけど、正直お盆でもないし、お盆が何だかわかってないのに盆踊りやるような感じは何だかイヤだなあという愚痴。「お盆だからお墓参り行かないと」「何で?お盆って大人の夏休みのことじゃないの?」みたいなやり取りを体験して、うーん文化の断絶!ってなった昨今。釣りじゃねえよ。コピペが当たり前なんてことでびっくらしてたら体が持たねえだよ。

 

〇夏は忙しい。いろんな予定がぎっしりになる。ずっと寝ていたい。