読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならドルバッキー

この世の裏を知ったドルバッキーは世を儚んだ。

題詠短歌企画『仮置き倉庫に閉じ込められた』 061-070

 実はまだやってたんです、コレ。どうしても「倉」が出来なくて止まっていたんですが、何とか再開します。

 

お題リスト - 題詠blog2014

 

f:id:zeromoon0:20141130233426j:plain

 

061:倉

 瑠璃色の歴史の迷路に迷い込む 正倉院に抱かれし夜


062:ショー 

 「父さんと母さんボクを見ているかい?」火の輪潜りのショーの最中

 

063:院

 甲高い叫び声が聞こえるかい あの病院の隅のあの部屋

 

064:妖

 妖艶な笑みを浮かべて三千里「ボッチャンイッショニアソビマショウカ」

 

065:砲

 青空に吸い込まれていくような号砲ひとつ 君へ届かぬ

 

066:浸

 冷めぬようスポンジケーキを浸します ブランデーの涙の香りは

 

067:手帳

 赤丸と青丸ひとつと三角と手帳に包み隠さぬ秘め事

 

068:沼

 母さんが手袋編んでくれた日も変わらず雨は銀色でしたか 

 

069:排

 「心からここまであなたの領土です」が排他的経済水域

 

070:しっとり

 手提げから道路に散らばる星屑をしっかり拾ってしっとりお休み

 

広告を非表示にする