さよならドルバッキー

この世の裏を知ったドルバッキーは世を儚んだ。

わたしはあなたではない

 ときどきね、わたしのことをわたしとおもっていないひとがいるの

 

 それはあなたのこと

 

 あなたはわたしをわたしだとおもっていない

 

 あなたじしんだとおもっているの

 

 だからわたしのうごきかたがきにいらないと

 

 びょうきみたいにふさぎこむの

 

 わたしのわらうところがわからないと

 

 わたしのたのしみをうばおうとするの

 

 あなたはわたしじゃない

 

 わたしもあなたじゃない

 

 わたしはあなたのたのしみもいばしょもうばわない

 

 ただわたしはわたしでいるだけ

 

 そんなあなたがわたしはだいきらいだ

 

 でもそんなことをいっているわたしも

 

 あなたとおなじように

 

 あなたのことをひていしているね

 

 あなたもあいされたかっただけなのに

 

 どうしてだれもあいしてくれないんだろうね

 

 わたしでもあなたでもないだれかさんは

 

 ほんとうにほんとうにはくじょうなんだね