さよならドルバッキー

この世の裏を知ったドルバッキーは世を儚んだ。

日焼けした顔じゃないからわからない ~短歌の目・8月の巻~

 あちぃけど参加するでにうむ。よろしくおねがいしまーす。裏テーマは「お盆の時期と時々恐怖」。

 

f:id:zeromoon0:20150810130711j:plain

tankanome.hateblo.jp

 

1.ジャワ 

 アスファルト ジャワと弾ける液体はスズメの涙と気付かぬ若人


2.くきやか

 白妙に濃紺の帯巻く姿 くきやかなれど声ぞ遠かる

 

3.蝉

 亡骸は思う 羽ばたくきらめきと土に還れぬ蝉時雨の中

 

4.冥

 六文の渡し賃を持たされず 冥土に行けず現世に還れず

 

5.まつり

 真夜中のセンター街で鳴り響くまつり囃子を聞いてはならぬ

 

6.日焼け

 日焼けした顔じゃないからわからないことにしておくあの日の夕暮れ

 

7.くちづけ

 炎天下 真白き肌にくちづけをすれどもすれども消えゆく貴女

 

8.風鈴

 テレビからぽぅんと響く鎮魂の合図に構わず風鈴こそ鳴れ

 

9.菊

「おかあちゃん、蘭の花が好きやったん」「菊と蘭じゃあにぎやかでええね」

 

10.【怪談短歌】

 イルカ島 ムラサキカガミ 赤い沼 19歳なの? 残念だったね。