読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならドルバッキー

この世の裏を知ったドルバッキーは世を儚んだ。

お前の話もこの話もつまらない

 以下いつもの通りつらつらと。

 

 最小夏祭りを見ていて思ったのが「煽っている」とか「バカにしている」というのも炎上の原因ではあるんだけど、根本的に「記事がつまらない」というのも炎上の遠因であると思ったのです。

 

 まぁその、夏祭り当日はどしゃぶりの中石見銀山で自然と戯れていたのでスマホで「久しぶりにヒャッハーしてるなぁ」とか思いながら山陰本線を満喫してました。大森代官所跡バス停のコーヒーめちゃうまでした。島根はいいところだなぁ。

 

 

 本題に入ると、夏祭り参加記事を見ていると「炎上に言及してやったぜ!」的な記事だったり、ただただ逆張りしているだけの記事だったり、ストロングスタイルを気取った劣化きょうもえ先生みたいな記事だったり、とにかくいろんなタイプの記事があったんだよ。そんで思ったんだよ、「つまんねぇな」って。なんでだろう。

 

誰もお前個人の感想には興味ない

 まぁここは自分が思ったことを適当に垂れ流すスタイルでやってそんでネタ飛ばして「おもろいおもろー」って言ってもらえるくらいでちょうどいいし、『魔方陣グルグル』も「トイレでうんこでもしながら読んでくれるくらいがいい」みたいなそんな感じで描いてるって確か書いてあったので、多分そんなくらいです。

 

 今回で「PVが伸びない! 炎上記事にも言及してるのに何故だ!」みたいな記事を数件見かけたので思うのが「ネタをネタとして昇華しきれていないんじゃないかな」みたいなことです。ブログって常識の範囲内で自分の思うことを思うように発言できるいいツールだと思うんですが、その中でPVをとれるのはやっぱり「他人に面白おかしく魅せてやろう」っていうのが大事だと思うんですよ。

 

 素材はおいしいかもしれないけれど、どんなにいい素材でも料理する人の腕次第で更にうまい料理になるか失敗料理になるかは目に見えている。いい料理人っていうのは「お客様はどんな味がお好みだろうか」って考えるのが好きな人だと思うし、そのための勉強も自然としている。返って失敗料理ばかり作っている人は「俺の料理は何故ダメなのか、ダメなんだろうな、ダメな俺を認めてくれよこんなにダメなんだからさあ」といいながら残飯をかき集めている感じがする。

 

 個人的にうまい料理(記事)って、大体盛り付けや切り口がきれいだったり、シェフの「俺ブランド」的な秘伝ソースがかかっていたりする反面、まずいのは素材を生のままゆでて盛り付けているだけだったりオリジナルのソースと言う名の自意識スパイスだけがかかっているなぁという感じですかね。この「自意識スパイス」が非常にやっかいで、基本的に「誰もお前の個人的な事情は聞いてねーよ!」というところがある。その「個人的な事情」を「俺ブランド」に昇華させるのはなかなか難しい。だけどそこを乗り越えないと「俺ブランド」は作れない。

 

 クラスに一人、何をしゃべっても面白い奴がいたと思う。そいつが急に脱いで踊り出したら周りの奴が大笑いした。「なるほど、脱いで踊れば笑いがとれるのか」って思ってそれまでぼっちだった奴が急に脱いで踊っても、多分誰も見ないし「面白い奴の真似をしているだけか」となると思う。そうじゃなくて、周りの奴とか関係なく「俺は脱ぎたい!脱ぎたい!僕を見てぇえぇぇ!」って全裸になったらそれはそれで面白い。

 

 何でもそうなんだけど、「~したいからする」と「~してほしいから~する」には雲泥の差があって、本当にPVが欲しかったら自分のしたいことをしなくちゃいけない。そこに下心があると、たいていは見透かされる。そういうもんだと思う。

 

ネタを書きなれていない書き手と読みなれていない読者

 このブログやってる人の頭の中は始終大体ネタだらけです。最近細かいネタはハイクで消化しているのですが、大きなネタはこっちで扱いたくなります。だいたいネタです。本気で書いているのは大体短編小説くらいです。基本的に「だよねーそう思う?的な?ぶっちゃけありえないよねー」的な感じなのですが文体からかなんかしらんが真面目に思われてます。いやこれめっちゃふざけているからねぇ。今回すげぇおちょくっているからねぇ*1

 

 で、だ。「今回のことをネタっぽくしてみました!」みたいな記事を何度見ても「ふーん、で、本気で面白いと思ってんの?」って大変上から目線で思ってしまったわけですよ。魔女狩り? ネガコメ連中に一言物申す? え、それ本気で面白いって思ってんの? 上にも書いたけど、なんか他の人のやり方を真似していきなり脱いで踊り出してるよ。他の人の芸風面白いなって思って真似してみたけど自分なりに昇華されてないよね? 全裸になってお前の皮被った自意識が露出してるよ。露出狂だよ。おまわりさんこの人です。

 

 まぁブログだし露出狂がいるのはしょうがない。だけど、露出狂を喜ばせるのはいつだって反応して差し上げる淑女方なわけでして、「きゃー男の人の股間ってなんてグロテスク!!」と反応するから「ほーれほれーみろみろー」って追いかけてくるんだよね。

 

 でも今の現状は男の人の生態を知らないで「きゃー私ちんちんみたことないのー面白い形してるのねーきゃはは!触ったら反応するよ!」って逆に露出狂に近づいてしごいてる感じがするんだよね。そんなことしたら露出狂の自意識がおっきくなっちゃうよ! 

 

マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)

マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)

 

 

 まぁ上のは言い過ぎだけど、なんとなく何が面白いのかよくわかっていないけど『面白い!』ってコメントつけている層が厚いのかなーという印象です。自分のPVを増やすために余所のブログに片っ端から「おもしろいですねおもしろいですね」ってコメントつけて回って仲良しごっこもまぁいいけれど、それで「私面白い!」って勘違いされても困るんだよ。その結果が今回の案件なんだろうと思っている。

 

nogreenplace.hateblo.jp

 

 まぁラッスンゴレライを面白いと思うのは自由だし、自分がしたいようにすればいいというのも一理ある。でも、同様に「嘘を嘘と~」だったり「つまらないものをつまらないと~」も出来ないのに情報を発信してPVを稼ごうとかお金を貰おうなんて浅ましいよなーというのが個人的見解です。仲間内ではウケるかもしれないけど、ネットの大海原に漕ぎ出したらお前の渾身のネタ記事は真面目につまらないからなと。渾身のネタを「つまらない」と言われてへこたれない奴だけがネタ記事を書いてもいいと思う。なんつーか、ネガコメスルー教はそのへんの覚悟がないのに増殖しているから時代は変わったのかねェ。

 

 いつも思っていたんだけれど、「プロブロガー」ってブログのプロなわけじゃないですか。「ブログを始めて1か月の僕のブログ戦略!」とかよく見るタイトルなんだけれど、お前たった1か月しかブログやってないのになんでプロとか名乗れるんだよって思っちゃうわけですよ。もっと経験積んでから名乗れよとか思うんですがこれも一種のバズワードなんで突っ込んでも仕方ない。

 

 

 んー、今どうすれば面白くなるのかちょっと考えたけど、ゲスゲスしい考えを書けば魔女狩り記事とかでブコメ閉鎖した人が「やっぱりブコメ公開します、あの人はひどい人です」とかいうエントリあげてきたら間違いなくバズると思う。仲間内で回してPV稼ぐより、そっちのほうがよっぽど稼げると思う。仲良くしたいだけなら、SNSで限定公開のところでやったほうがいいと思う。その理由は他の場所で散々言われているので割愛。

 

 ネタ記事なんて100個つくって1個当たれば御の字。毎回稼げるわけではない。その1個にいつまでもしがみつくのも見苦しい。そしてそんな現状をだらだら言い訳してこんな記事書いているのも見苦しい。そんな見苦しい仲間に入りたくなかったら、さっさとこんなところから出ていって山奥にでも篭っていればいいんだ。実にストレスフリーの生活が送れるぞ。でも山奥には虫がいっぱいいるから自分はいかないよ、この記事は誰のために書いているのかって? 年末に「あーそんなことあったわ思ってタワー」って「お前こそつまんねぇ記事書いてんじゃねえよ」的なコメント欄も含めて自分が思い出すために書かれています。そんなわけでおわり。

 

 

*1:というカッコ悪い予防線。

広告を非表示にする