読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならドルバッキー

この世の裏を知ったドルバッキーは世を儚んだ。

「正しくない」親とかいろいろ思うこと

最近親子関係のお話が話題になりやすいので思ったことを少しだけ。 【加害者を罰するだけでは解決しない】 まずこの文章を書く人の立場を明確にしておくと、いじめも機能不全家庭の問題も、罰するのではなく加害者側の適切なケアをすることで再発防止を図る…

ジャパリパークという理想郷と再生の物語

すっかり脳みそを「すごーい」に乗っ取られてはや数日。「流行ってんなー1話だけ見てみるかー」と見てみたら1話だけで頭がさばんなちほー。まずい、これはまずい。 というか、『けものフレンズ』という作品は闇があるとか奥が深いとか優しい世界とか人間と…

おい増田ちょっとツラ貸せや

なんで消したんやワレ。増田業界なめとんと違うか?あ? この文章を書いた者です。たくさんの方に読んでいただいて、あれはもう私の手を離れた言葉になりました。こういった経験は初めてなので、不思議な気持ちです。ここでは教壇を離れて、少し気楽に書こう…

書いてみた 「長年付き合った彼氏と破たんしているのを認められない友人Aが、別の友人Bが前彼と別れてすぐに結婚したのを快く思っていません。AによるBへの悪態をできるだけ想像してもらえますか?」

タイトルが長い。シチュエーションが面白かったので書いてみた。以下完全にオリジナルで相談内容のAさんBさんとは一切関係がありません。 topisyu.hatenablog.com 【前提】 Aさん……長年付き合っていた彼氏がいるが、うまくいっていない。 Bさん……前に付…

半年後には一面の春~短歌の目二期・1月の巻~

すべりこみ短歌。 tankanome.hateblo.jp 1.編 無意識に三つ編み作る癖が出るときはいつも俯いている 2. かがみ(鏡、鑑も可) 「はやくして!私の分がなくなるわ!」「アンタかガミガミうるさい奴は」 3. もち 緑色した目できっと眺めてるあの子の気もち多分…

『ど根性ガエルの娘』を読んで思った家族についてのこと

巷で話題の『ど根性ガエルの娘』の最新話と、大体のあらすじを追った。以下結構内容と関係のない家族の人間関係の話です。西野? あれは触っちゃなんねえ。 togetter.com なんて言うか、15話を読んで「つらいなあ」と思ったのは「あまりにひどい話は読者が読…

長い長い感想【主催者という名があったものとして】

どうしようと思っていたのですがどうにもまとまらないのでまとまらないまま書いていきます。とりとめがないので長いうえに創作論だらけでいつもにもまして理屈っぽいです。ご了承ください。 先月の『短編小説の集い』において、第1回からずっと参加をされて…

どうしようもない旦那の事態を改善する方法はないものか

すごく力強い増田について少しだけ。 子育て絶対無理よ [増田] 右手をご覧ください。増田名物の「家事のできない糞みたいな男に引っかかった女性投稿」です。足元に行きますと「何でそんな奴と結婚したのか」というトラバ、そして頭上には「離婚しろ」一択の…

笑うことについてのメモ

なんかお笑いの話で笑えないと言うのが盛り上がっているのですが、PCも大事だけど「笑い」というものそのものについての問題提起でもある気がしたので少しだけ。よくまとまっていないので誰か続きを書いてくれると嬉しい。 最近では「涙活」「笑活」なんて…

ハーゲンダッツが気になって仕方なかったんだ

体調も戻って忙しさも一区切りを迎えたので増田めぐりを再開しています。そこで見つけた、ちょっと百字では表現できなかった増田について少し書いておきます。 長文となりますが、同様の経験を持つかたのご意見をお待ちしております [増田] [不安になる] す…

明けまして雑感

新年あけてました。おめでとうございます。 さて、個人的な話をすると今年のお正月は寝正月でした。正確に言うと元日の朝から急性胃腸炎を患って急激にリバースが止まらず休日診療に運び込まれてぶっとい点滴を打たれて寒気と吐き気と戦いながら診療所の奥の…

今年の残りをラジオで数える~短歌の目二期・12月の巻~

年の瀬に短歌。 tankanome.hateblo.jp 1. おでん デカ鍋をでんと火にのせがんもどき おでんフェアはときどきちくわ 2. 自由 初霜の降りる朝の薄氷を割るも割らぬもからすの自由 3. 忘 喜びと悲しみ煮詰めた鍋の中ぐづぐづ泣いたら忘れておやすみ 4. 指切り …

奨学金問題の

まー「お金がないなら中卒でいいじゃん」「うちはお金持ちだけどお金だけが幸せじゃないよ!」とかかなりアホなこと言ってるな、とは思ったのだけど思いついたことをとりあえず。 上西小百合代議士が語る給付型奨学金制度と学歴について - Togetterまとめ 気…

サンタクロースは突然に ~短編小説の集い~

雄也のところにサンタクロースが来なくなって、今年で9回目のクリスマスがやってくる。9年前のクリスマスの朝、期待を胸に枕元の靴下に手を伸ばしても、そこには何もなかった。「サンタは子供のところにしか来ない。お前は大人になったんだ」とだけ父が言…

「私って、甘えてますか?」を読んで

先日発売されたid:topisyuさんの単著『私って、甘えてますか?』を読みました。普段からtopisyuさんのブログに親しんでいる方にはおなじみの内容ばかりですが、そこからいろいろ思ったことがあるので少し書きます。なお、こちらの感想も一般向けではありませ…

満ち足りない ~短編小説の集い~

「お腹すいた」 私の口癖はそれでした。別に空腹であるわけでもないのに、少しでも満腹感を持続できないと満足できないのです。両親はいくら食べても食べたりないと言う私に困り果てたようでした。当然のことながら私はひどく太っており、昔からよくバカにさ…

曇天彩るみぞれの訪れ~短歌の目二期・11月の巻~

知らないうちに短歌。 tankanome.hateblo.jp 1. 本 コロンビア夢見る高層ビルの中六本木ヒルズの灯りは眩しい 2. 手袋 落し物入れの中で震えてる真っ赤な手袋 次の日にはない 3. みぞれ*1 空寒み 花の便りを待ち望む曇天彩るみぞれの訪れ 4. 狐 親指と人差し…

思考の方法

よく「頭の中で考えるとき、どんなイメージになるか」っていうのがあってそれは人によって文字だったり音楽だったり映像だったり異なるようで、自分は何だろうと考えてみた。それで出た結論が「色と触覚」だ。 実際小説を書くとき何をまず思いつくかと言うと…

強く生きると言われること

よく「あの人は強い人だったから~」みたいな書かれ方をしているのを見るのですが、意地悪な思考回路をしているので「その強いと言われた人は本当に強かったのかな」と思ってしまうのです。 こういう文脈で出てくる強い人っていうのは、単に逆境でも折れない…

「嫌い」と抑圧

最近の一連の何だかんだを見ていて、結局すれ違っているのは「嫌いを表明すること」と「嫌いという感情を持たないこと」をごちゃごちゃにしているからだなぁということを思うのです。 正直、嫌いなものを好きになれというのはかなり難しい。いくら正しいこと…

止まっているのは赤とんぼだけ~短歌の目二期・10月の巻~

何も考えずに短歌。 tankanome.hateblo.jp 題詠5首 1. 渋 さよならを言ったそばからあふれ出る涙を隠す渋谷の駅ビル 2. 容 透き通るプラスチックの影の中太陽入りの容器飲み干す 3. テスト 笑ったり泣いたり惚れたり焦ったり未だにテストの終わらぬ私 4. 新…

愛すべき役立たず ~短編小説の集い~

それは「影」だった。誰でもないし、何でもない。お腹もすかなければ、退屈もしない。だけど誰からも顧みられないし、愛されることもない。かつて蔑まれていたような気もするし、名前で呼ばれて痛めつけられていた記憶も微かにある。それも永遠に続くと思わ…

みちか問題から始まる雑感

みちか問題について考えていたら全く別のことを考えていたので、この記事は「あの絵は猥褻ジャッジ」ではありません。 結局のところ「何がエロで何がエロじゃない」って言われたら「個人の主観以外ジャッジできないよね」っていうところでしかないし、そうで…

わたしとはてな匿名ダイアリー

最近増田漁りしている身としてマジ質問しているid:akihiko810さんにマジレスしてみる。なお本文中の「増田」とは「はてな匿名ダイアリー」を指し、「はてな匿名ダイアリー」そのものや「書き込んだ人」という広い意味があります。 ブックマーカーとして認め…

BUGと短歌の振り返り

とりあえずの振り返り記事です。 nogreenplace.hateblo.jp 〇まず今回も最初数行を何となく書いて、それから想起できることをたらたらと書いていった。カマキリの死体については、実際にあった話だ。犯人はうちの犬だったのだが、腹から下は本当にどこに行っ…

「やさしい」の意味の変容

以下のブコメページを見て気が付いたことをお仕事のためにメモメモ。 はてなブックマーク - 起業家志望の石田さんと話してみた時のメモ|けんすう|note このブコメで「けんすう氏は本当に優しいのか」という論点がいくつか挙げられている。簡単に検討事項を整理…

情報を受けることの雑感

最近いろいろあった燃える事件を遠目で見ていて、ちょっと思ったことを少し。 今までいろいろ人並みに生きてきたつもりなんだけど、本当に世の中には口の悪い人がいる。その人自身は口が悪いと思っていなくて、その言葉遣いが誰かを傷つけると思っていなくて…

BUG -Backup of Universal Globe- ~短編小説の集い~

玄関の前でカマキリが死んでいた。腹は食いちぎられてそこにはなく、もう動かない頭と胸だけを固くして両方のカマをしっかり閉じている。猫がいたずらでもしたのだろうか。「ああ、気持ち悪い」 俺は半分になったカマキリを革靴で蹴って、茂みの中へ落とした…

なつやすみの宿題の振り返り

個人的にやべぇ状態に入っていたので夏休みの記憶があまりないのですが、書いたものがあるので今更ながら振り返っていきます。「気がする」が多いのは思い出しながら書いているせいです。 nogreenplace.hateblo.jp 赤青黄 シロップこぼした夜の海をひとりじ…

八十億の夢を見る夜は ~短歌の目二期・9月の巻~

お久しぶり短歌。流れ流れて人は泡沫。 tankanome.hateblo.jp 題詠5首 1. 星 眠らずに旅をしてきた流星の八十億の夢を見る夜は 2. 吹 青から黄から赤色の吹き流し五色の帯に染まれ境界 3. はちみつ カラカラに渇いた喉に流し込む昨日の記憶と林檎と蜂蜜 4. …

レールについての雑感

レールから外れたい、みたいな感じのアレがああしている昨今ですがこんにちは。よくわからん集団心理からドロップアウトをしたことを誇っているようではどうにもならないと思うのですが、あの決意表明から感じたことをちょっとだけ。 どうしても「中退して起…

私にくれたものの箇条書き的雑感

あなたが私にくれたもの キリンが食べ残したピラフ 大介だったけど~花子がいたーなんてー 思い浮かぶのはシャガールみたいな青い夜と嘉門達夫のことばかり。以下、増田の釣り解説というより雑感です。真面目に読まないでください。 オタクが私にくれたもの …

「何かいる」 ~なつやすみの宿題・納涼合宿~

「ただいまー」 私は玄関の鍵を開けて家に入る。誰もいないとわかっていても、つい誰にともなく帰宅の挨拶をしてしまう。靴を脱いでいると、まだ玄関より先の暗い部屋の様子がおかしいことに気が付いた。 (何か、いる?) 私は電気をつけると、おそるおそる…

デマについての雑感

何故かここ数日デマが蔓延している。災害が起きると不安定な気持ちから早急な情報を求めたがるとでもいうのだろうか。 「日テレ24時間テレビで両脚マヒの少年に対する虐待シーンがあった」はデマ - chBBplus’s diary 「台風10号ちゃん日本好き過ぎ」デマ予報…

夏祭り七首 ~57577~

祭囃子が聞こえてくる。縁を求めて縁日を行きかうために。 novelcluster.hatenablog.jp 赤青黄 シロップこぼした夜の海をひとりじめする二百五十円 階段の上で待ってる鼻緒から覗く素足に咲く絆創膏 手の平の中で踊れ よんよんと上下に回る水の惑星 水槽の外…

貧困JKにおける雑感

最近は真っ当な時間に朝家を出て夜オリンピックが始まるころ家に帰ってきて、そんでオリンピック見ながら寝て起きてまた出かけてを繰り返していたので微妙に体が痛くなってきました。忙しいって奴です。じっと手を見る。 で、今ネットで話題になっている貧困…

【自己責任系はてな村怪談】あるブロガーの末路2

【注意】 ※この話は昨年に引き続き強い怨念が憑りついています。そのため、最後まで読んでしまうとこれからネット活動を行う上で何らかの影響を及ぼす可能性があります。それでも読みたい方は、やっぱり自己責任でお願いします。 【昨年のお話(こちらを読ん…

潮焼きそばの振り返り

いろいろありましてやっとまとまった時間がとれたので潮焼きそばの振り返りをしていきます。 nogreenplace.hateblo.jp 〇海と聞いて想起したイメージとしては『悲しみよこんにちは』のようなカラリとしているけれどどこかじっとりとした怨念が立ち込めている…

夏休みに頑張って書いた読書感想文風な桃太郎

「へえ、不思議なことがあるもんだ」 ぼくがおどろいて声を上げると、台所からお母さんが出てきた。 「何の本を読んでいるの?」 「もも太ろうだよ、はじめてこんなにすごい本を読んだよ」 ぼくがもも太ろうという本を見つけたのは学校の図書館でした。その…

被害者の情報を報道すること

普段から割とムカついているので端的に。 そう言えば相模原の事件、いつもは「こんなにかわいそうなのに!」って通夜の会場まで被害者の様子とか報道するのに、今回被害者の名前一切出てない……。— 霧夢むぅ (@mumumumine) 2016年7月26日 例えば災害や事故な…

応援上映があったら面白いなぁと思う映画 5選

応援上映。映画館で声を出してもいいというその試みが非常に盛り上がっているらしい。そこで「こんな映画で応援上映したら絶対楽しい」と思う映画をいくつか考えてみた。考えただけです。 【貞子VS伽椰子】 呪え! 呪え! 呪え! 呪え! 映画「貞子vs伽椰子…

潮焼きそば ~短編小説の集い~

海に浮いている。波に揺られて上下するリズムが心地よい。上の方は青空が広がっていて、雲ひとつ見当たらない。夏の日射しが海に浸かっていない肌をじりじりと焼く。時折火照った肌に海水をかけると、塩気が肌に張り付く。低い位置にあった太陽は高いところ…

十八時からの交信の振り返り

久しぶりに自分の作品の振り返りをします。何かの種にしてください。 nogreenplace.hateblo.jp 〇まずテーマを「時計」にしたところで最初に浮かんだ物語が「腕時計を巡る別れ」だったのだけれど、全体的にウェットな気分だったのでウェットになる話はやめよ…

題詠短歌企画『仮置き倉庫に閉じ込められた』 091-100

いよいよ完走。おつかれさまでした。 お題リスト - 題詠blog2014 091:覧 「ほらご覧、お空のお船が流れてく」「救命ボートは積んでるのかな」 092:勝手 「何故泣くの」今は二人で話そうか かんかんカラスの勝手口から 093:印 ヨーグルト味のカレーを食べたか…

題詠短歌企画『仮置き倉庫に閉じ込められた』 081-090

直感を大事にしました。 お題リスト - 題詠blog2014 081:網 前世から伸びる縁(えにし)を手繰り寄せ再び出会う網の中で 082:チェック 確信を持てない指が動き出す 朝から晩までチェックチェックチェック 083:射 エメラルド色の彼女が言いました「私の彼は射…

もしサザエさん一家が京都に行ったら

京都駅でサザエさんのお菓子を見つけて、そこから思ったことをつらつらと。 【京都お土産】京都を見てきました・サザエさん磯野家ファミリーケーキ 10個入 出版社/メーカー: 長登屋 メディア: その他 この商品を含むブログを見る このお菓子のコンセプトは多…

いつもの

今度は2か月半か。次第にスパンも短くなってきた。暑いうちにもう一回くらいやってきそうだな。 もう何回も繰り返しになるし言っても届けるべき人に届かないことは過去のことでわかっているのですが、「すぐに調べればわかることを調べないで失敗をする」と…

お金で時間を買いたい

もしも100万円が手に入ったら……とりあえず貯金して今後に備える。 というのでは面白くないので、パーッと何に使うかを考えてみる。まず欲しいのはkindleか電子書籍の端末。買おうと思えば買えるくらいなんだけど、現段階で優先順位がそれほど高くないので未…

十八時からの交信 ~短編小説の集い~

「おはようございます、午前6時の外気温をお知らせします」 朝の時報が鳴り響く。摂氏34度。快晴だ。システムを起動させると、私は本日の作業工程を計算し、それぞれの実行者に送信する。この区域の開発をプログラムされた作業用端末があちこち走り回って、…

ぽきたwの文法的考察、ねぇ

ネットスラングを文法的に考察する、という方向は悪くないと思うんだけどネタに走っていて、そしてそれを真に受けている人が多いのが怖いと言うことです。以下例の怪文書をこのブログなりに考察しるでつ。 ぽきたw 魔剤ンゴ!? ありえん良さみが深いw二郎か…